フィルムだけじゃない!ディスプレイを気軽にブルーライトカットするカバー

ブルーライトプロテクタカバー

ディスプレイをBENQのGW2255に買い替えたんですが、やっぱり気になるのがブルーライト

長時間のデスクワーカーだと、目がショボショボしたり痛くなってくるんですよ。かといって、ブルーライトカットフィルムって結構高い。

そこで今回買ってみたのが、「ブルーライトプロテクター」。装着が楽で効果的だったので、ブルーライトが気になっている方のためにご紹介しておきます。

BENQのGW2255ディスプレイは21.5インチ。今回買ったプロテクタは20~22インチ用で、送料込み2,980円で安い!フィルムだと5000円くらいするえに、カット率が30%くらいとそれほど大きな効果が無いのが悩みどころ。

ところが今回買ったブルーライトプロテクターはカット率が99.9%!

ブルーライトカットカバー

実物です。見た目はただの黄色っぽいカバーです。これをディスプレイに引っかけるだけの簡単仕様。

アマゾンに書いてる仕様表によると、

  • UVカット率 : 99.9%
  • 380-400nmブルーライトカット率 : 99.9%
  • 401-410nmブルーライトカット率 : 90%
  • 411-420nmブルーライトカット率 : 68%
  • 421-430nmブルーライトカット率 : 40%
  • 431-490nmブルーライトカット率 : 30%

紫外腺~青色波長領域を大幅にカットしてくれます。ブルーライトのメイン波長は、UV領域~410nmくらいだから十分にカットされている。ちなみに490nmだと緑色くらいです。

ブルーライトカット無し

まず、ブルーライトカット無しの画像。わたしは目のダメージを減らすために、ディスプレイは暗めに設定しています。明るいとその分目が痛くなります。


ブルーライトカット有

こちらがブルーライトプロテクタを装着した画像。

ちょっと黄色がかってしまうし、アクリルだから室内が明るいと背景の映り込みはあります。ですが、普段のブラウジングやワードエクセル作業の場合だと背景が白のため、それほど気になりません。

一番のメリットは、目が疲れにくいし痛くならないことです。

これほんとうに大事。ブルーライトカットをすると、目が疲れにくくなり、痛くなりません。目は消耗品です。できるだけ長く使いたいですからね。

部署異動がある会社勤めの人にもおすすめ

このブルーライトプロテクタ、部署異動がある会社勤めの人にもオススメだと思いますよ。部署移動がある場合、フィルムの場合だと貼り直せません。

ですが、このプロテクタカバーだったら、ディスプレイに引っかけるだけです。19インチサイズからあるので、目の疲れを軽くするために持ってて損は無いと思います。

Pocket
LINEで送る

<スポンサーリンク>

この記事もよく読まれています

このページの先頭へ