CREEPERのバックパック、中国製だったけど意外に良かったですよ

CREEPERバックパック【出典】CREEPER 2015年最新モデル バックパック 40L 軽量、丈夫で長持ち 収納性もバツグン レインカバー付き

山奥取材、アウトドア、登山用のバックパックが必要だったので、アマゾンや楽天で探して今回「CREEPER 40Lバックパック」を購入してみました。
税込4,980円と安価でしたが、作りも性能も意外にしっかりしてて満足。

使った感想を書いておきます。

<スポンサーリンク>

CREEPER 40Lバックパック

CREEPER40Lバックパック

アマゾンで午前に注文したら次の日に届きました。

今回は青を購入。
他にはブラック・グリーン・オレンジ・レッドがあります。

今更ですが、黒かグリーンにすれば良かったと思ってます。
青や赤などの鮮やかな色だと、蜂が寄ってくる可能性が高いからです。

40Lサイズということで、そこそこの大きさをイメージしていましたが、そんなことはありませんでした。
写真右のバックパックは25Lのバックパックですが、40Lとはいえそれほどバカでかい感じはありません。
男性にはちょうど良い大きさだと思います。

40Lサイズなのに、バックパック正面には「45L」と書いているのが謎です


CREEPERバックパック正面

簡易防水と止水チャック付き

正面のポケットは止水チャックでした。全然期待してなかっただけにちょっとうれしい。
他のチャックは止水ではありませんが、がら空きチャックというわけではなく、ちょっとした雨の侵入なら防ぐくらいのものでした。

CREEPERバックパック防水

簡易防水らしいので水をかけてみました。
間違いなく簡易防水のようですが、ボトムの黒い部分までは防水ではありません。

CREEPERバックパックボトム

ボトムチャック部分にはレインカバーが入っているので、雨が強くなってきた時はすぐに対応できるようです。

アマゾンのレビューの1つに「ボトム部分のチャックが閉まらない」と書いてましたが、普通に締まります。
初期不良か壊したかのどちらかでしょう。

ボトルホルダーの深さはまぁまぁ

CREEPERバックパックサイドポケット

ペットボトルを入れるサイドポケットの深さはまぁまぁ。
深すぎず浅すぎずといったところで、締まり具合は良好で、前のめりに姿勢を傾けてもペットボトルは落下しませんでした。
縦長1Lのペットボトルを入れても問題無し。

CREEPERバックパックボトルホルダー【出典】CREEPER 2015年最新モデル バックパック 40L 軽量、丈夫で長持ち 収納性もバツグン レインカバー付き

使った後に知ったんですが、ポールホルダーとコードホールが付いていました。

背中が蒸れにくかった

CREEPERバックパック背面

ベルトはクッション性が高い素材で太目。
5KGくらいの荷物を背負って登山しましたが、体に食い込むこともなく快適でした。

背中が当たる部分はクッションの2本の素材で段差が設けられて、背中とバックパックの間に空間が出来るようになっていました。
このおかげで、7月の暑い日でもそれほど蒸れずに済みました。

収納部も十分にある

最後に収納部分。
これは十分にあるので、まったく不満無しです。
日帰り登山なら必要十分でしょう。

CREEPERバックパック内部1

CREEPERバックパック内部2

CREEPERバックパック内部3

背の部分は暑くそこそこ丈夫な素材で補強されているので、ノートPCを入れても問題なさそうですね。

CREEPERバックパックサイドポケット

サイドポケットもちゃんとありますよ。
この部分も簡易的な止水チャックでした。
スマホも入ります。


前は中国メーカーって聞くと「すぐに壊れるだろう」というイメージでしたが、最近は雇用形態も良くなり給与レベルも上がってきているせいか、品質が高いものが多くなってきたと感じています。

中国産の食べ物を買うのは未だに不安ですが、アパレル関係ならもはや全く問題ないレベルでしょう。

Pocket
LINEで送る

<スポンサーリンク>

この記事もよく読まれています

このページの先頭へ