【ネタバレ有】ミッション・インポッシブル「ローグ・ネイション」は安定の面白さ

【※この記事にはネタバレが含まれております】

ミッション・インポッシブル「ローグ・ネイション」を見てきましたよ。

トム・クルーズは相変わらず!
そして安定した面白さでしたよ。

中だるみなんかも全くなく、冒頭から最後まで「いったいどーなるんだコレ?」とハラハラしながら楽しめる作品でした。

ルーサー、ベンジーも出演

続編もので役者変更すると興醒めしちゃうんですが、ミッションインポッシブルは役者が変更しなくて良いですねえ。
ルーサー・スティッケル、ベンジー、ブラント捜査官がそのまま出演しております。
ルーサーは段々存在感が薄まってきておりますが、ベンジーは前作から存在感がグッと上がっておりまして、今回も同様に活躍しています。

冒頭の飛行機につかまって飛ぶシーンは本物

映画冒頭でイーサンが飛行機につかまったまま飛んでいくシーンがあるんですが、これ、何とトムクルーズ本人がスタントをしているそうです。

その撮影動画がこちら(字幕です)

本当にやってますね。
映画見てた時は「CG合成なんだろうな~」なんて思っていましたが、いや本当すごい。
これ撮るために8回も飛行機に捉まったまま飛んだんだとか。

トム・クルーズは自分でスタントをやる派

トムクルーズは本人もスタントをやることで知られた俳優ですが、もう53歳なんですよね。
それでもこのチャレンジ精神と行動力は尊敬しますねえ。
普通、53歳のおじさんだったら「こんなことできるかww」でしょう。

そのほか、激しいバイクチェイスシーンも出てくるんですが、これも本人がスタントをやっているとのこと。
トムクルーズはバイク好きとしても知られているらしく、運転技術はセミプロレベルだそうです。

今回のテーマはチームの友情

今回もトムクルーズが製作も担当していますが、自身でも「友情を描いている」と明言しています。

ローグ・ネイションではベンジーが「俺は残る!なぜなら君は友達だからだ!」と、イーサンを説き伏せるシーンが出てきて、ちょっとウルッとします。
また、ルーサーも「イーサンはダチだ。裏切ったら、分かってるな?」というシーンも出てきます。

今までのミッションインポッシブルはルーサーとの友情が何となく感じられていましたが、今回の作品ではチームの友情明確に感じられます。
この辺が今までとちょっと違う部分ですね。

「これ不可能だろw」ってミッションは2つ

今回挑む「これは難しいだろw」という困難なミッションは2つ出てきます。

1つは、侵入不可能と思われる施設内の、さらに水中に保管されているデータを盗んでくること。
ここは1作目のミッションを感じさせるようなハラハラ感を味わえます。

もう1つはイギリス大統領を拉致する無謀なミッションですが、ここはアクションが無く「あ~上手くやったな~」という頭脳戦が楽しめると思いますよ。

日本の予告編は特別

ちなみに、日本版の予告編のBGMだけ、スラップ奏法で有名な”MIYABI”が編曲したものを使用しているそうです。

カッコイイわw
ちなみにMIYABIのスラップ奏法で有名な動画がコレ。
1分半ですが、見入ってしまいます。

ローグ・ネイションは劇場でお楽しみください!

今回も期待を裏切らない作品になっていると感じます。
「どーなるのよコレ」と分からない展開が次々に続くので、最後までたっぷりと楽しめると思います。

DVD出たらもう1回見たいな~と思える作品でした!
ということで、あとは劇場でお楽しみください!

ミッションインポッシブル「ローグ・ネイション」ホームページ
トムクルーズ公式サイト

Pocket
LINEで送る

<スポンサーリンク>
◆いいね!で更新情報のお知らせが届きます◆

このページの先頭へ