共同推敲に便利!下書きを他の人に見せるWPプラグイン「Public post Preview」

ワードプレスで下書きを見せられるプラグイン「Public Post Preview」

「記事を公開しないで、下書きをあの人に見せてチェック(推敲)してもらいたい!」

ワードプレスで他の人と共同でコンテンツを作る機会が増えて、↑のように「下書きの状態の記事・コンテンツを見せたいな~。でも、ワードプレスの編集者権限を発行するまでのことじゃないし・・」と思ってたら、便利なプラグインがありました!

その名も「Public Post Preview」でございます。
このプラグインをインストールするだけで、下書き状態のコンテンツを他の人に見せることができます。

「Public Post Preview」はインストールして有効化するだけ

ワードプレスで下書きを見せられるプラグイン「Public Post Preview」

Public Post Previewの使い方は至って簡単。
プラグインの追加から検索に「Public Post Preview」と打ち込んで、ダウンロード&インストール。
有効化しておきましょう。

ワードプレスの下書き保存

ワードプレスの記事・コンテンツの「下書きを保存」すると、

ワードプレスで下書きを見せられるプラグイン「Public Post Preview」チェック挿入前

Enable public preview の表示が出現。
ワードプレスで下書きを見せられるプラグイン「Public Post Preview」チェック挿入後

チェックを入れると下書き公開用のURLが表示されます。
このURLを相手のメールやLINEに送れば、記事を一般公開する前に特定の人に見せることができます!

下書き用URL使用期限は48時間だけど、変更もできる

Public Post Previewで発行された下書き用URLの使用期限は48時間です。
48時間経過するとURLが自動的に変わるので、前のURLでは見られなくなります。

ですが、数値を弄るだけで使用期限を変更することができます。

Public Post Preview使用期限時間変更

プラグイン編集からPublic Post Previewを選択して、プラグインファイルの「public-post-preview/public-post-preview.php」を選択。

キーボードのCtrl+Fを叩いて検索窓に「48」と入力すれば、時間設定数値の箇所にジャンプできます。
この「48」を、たとえば「24」に変更して保存すれば、使用期限が24時間に変更できます。

数値はお好みでどうぞ。

その他の仕様

Public Post Previewは、下書きだけでなく、予約投稿している状態でもURLが発行されます。
だから、「3日後に公開設定してるけど、その間に数人にチェックしてもらいたい」というシーンで役立ちます。



以上、下書き見せるプラグイン Public Post Previewのご紹介でした!

手動でプラグインのダウンロードをしたい方は、ワードプレスの公式サイトからどうぞ!
【リンク】ワードプレス日本語公式 プラグイン

このプラグイン紹介本、出版から時間が経ってますがお勧めです!

Pocket
LINEで送る

<スポンサーリンク>
◆いいね!で更新情報のお知らせが届きます◆

このページの先頭へ