Evernoteと同じようなサービスを探した結果、結局Evernoteに戻った話

Evernoteと似たようなサービを探した結果

クラウドメモ帳Evernoteのプレミアム会員の年間4,000円が勿体ないので、グーグル様に

Evernote 同じような

で検索をかけたところ、長期間まともに使えそうなクラウドメモサービスは

  • マイクロソフトの「One Note」
  • グーグルの「Google keep」

の2つがあることがわかりました。

で、早速PC、Android、iPhone5sで使い倒した結果、結局はEvernoteに戻ったというお話です。

いろんなデバイスでOne Noteを使ってみた結果

Evernoteの場合は無料だと月60MBだから、写真や音声なんかもたくさんアップロードしたい場合は有料プレミアム会員になる必要があるのがネック。

マイクロソフトのOne Noteは無料でアップロード容量無制限が特徴。

「じゃぁOne Noteの方がいいじゃん!」と思ったのですが、スマホのAndoroid版だとOSバージョン5のLollipopにまだ未対応なんだとか。
レビューに「One NOteヘビーユーザーなのに使えなくて死ぬほど困ってる!」と書いている人がいました。
お気持ち察します。

クラウドメモ帳って、気付いた時にサッとメモをしたり、見返したりするためのものなので、特定OSで起動できないとか場合によっては最悪です。

OneNOteの機能

OneNoteの機能はクラウドメモ帳としては必要十分で、チェックリスト、共有、Webクリップ、表作り、Excel連携、パワーポイントへのメモ、手書きが出来ます。

機能は良いんですが、やっぱりAndroidで立ち上がらない可能性を考えると、安心して利用できませんからね。
ということでOne Noteは却下。

Google keepを使ってみた結果

天下のグーグル様のクラウドメモ帳サービスが「Google Keep」
簡単で直感的に使えます。
サラッとメモしたり、音声録音したり、画像貼り付けもスムーズで使い勝手はめちゃめちゃ良いです。

・・・と思いきや、ここで問題発生。

iPhone用にはGoogle keepの純正アプリが無く、誰かが作った「Go keep for Google keep」という連携アプリになります。
管理画面は同じなんですが、ところどころで広告が入ったり、起動時に「このアプリを入れませんか?」と5秒のカウントダウンがあったりしてめちゃめちゃウザイ!

さらに、グーグル様の歴史を見ると、人気無いサービスはコロコロと強引に終了したりしますよね。
Google Readerも突然終了させたし、Google plusとかもう虫の息状態・・・。

ということでGoogle Keepも却下。

やはり年間4000円払ってEvernoteなのか・・・

ぬぬ・・やはりお金を払い続けてEvernoteを使い続けるしかないのか・・・?
と思っていたところ、閃きました。

「Evernote,無料の60MBプランでも十分じゃん!」

どういうことかというと、Evernoteに写真や動画をがんがんアップロードするから60MBじゃ足りなくなるんですよ。
だからEvernoteには「これは死ぬほど大事な画像」というものだけをアップロードして、他の画像や動画は容量無制限の神サービス「Googleフォト」を使えば解決。

Evernoteの無料60MBってどのくらいアップロード出来る?

ちなみにEvernoteの無料枠60MBでどのくらいのテキストや画像がアップロードできるか調べてみたら、

  • テキスト・・・全角で3000万文字
  • 画像・・・iPhoneカメラ画像で20枚~30枚

死ぬほど大事な画像ってそほとんど無いので、通常の画像管理はGoogleフォトだけ利用して、クラウドメモの用途はテキストだけのメモで十分だったんですね。

考えてみれば、Googleフォトのサービスが開始してから、Evernoteに画像をアップロードすることが無くなってるんですよ。


という事で、結局はEvernoteに戻ったというお話でした。
とはいえ、次年度からは無料に切り替えますけどね。

Googleフォトのサービスは、1600万画素までの画像と1080pまでの動画が容量無制限でアップロード&ダウンロード管理できるクラウドサービスです。
PC,タブレット、Android、iPhone全てで利用できるので、まだ使っていない人はぜひ利用してみてください。

【過去記事】新サービス「Googleフォト」は容量無制限!全スマホユーザー必須インストールでしょ!

この本、なかなか面白かったですよ。
クラウドメモを使って生活スケジュール管理をしたい人に特にお勧め。

Pocket
LINEで送る

<スポンサーリンク>
◆いいね!で更新情報のお知らせが届きます◆

このページの先頭へ