格安スマホにしても料金が安くならない原因はLINE通話&LINE電話を使わないから

格安SIMに替えたのに「全然安くなってないじゃないか!」という人が3割以上いるんだとか。

格安スマホに替えて月額料金の変化グラフ【出典】格安スマホの利用実態、「基本料金」には満足するも「通話料金」「サポート体制」などユーザーの不満点も浮き彫りに

格安スマホにしても安くならず、変わらない、逆に高くなってしまったは人の原因は単純で、

格安になる仕組みを理解していない
「090」「080」「070」「固定電話」への音声通話をしまくっているから

である。

そもそも、どうしてスマホが月1000円くらいで使えるようになるかの仕組みを理解していないから、格安スマホ・格安SIMにしても今まで契約していたドコモ・au・ソフトバンクの契約時代と同じような使い方をしているのが、安くならない一番の原因である。

特に安くならない理由でダントツに多いのは、「090」「080」「070」「固定電話」への音声通話のし過ぎ。
最近のスマホは「何時間電話して定額ですよ」というプランに強制加入させられているから、どの番号にいくら電話していても月6000円~8000円で済んでいるんですよ。

それが格安スマホになると、例えば有名なIIJmioやDMMモバイル、楽天モバイルなんかは、通話料が30秒につき20円くらい。

つまり、格安スマホで「090」「080」「070」「固定電話」などの電話番号にかけてしまえば、60分も通話すれば通話料だけで2,400円にもなってしまう。

じゃぁそういう人はどうするかって、

「LINEの無料通話」と「LINE電話」を使えば良いんだよ

解決策はほぼこの一択である。

LINEの無料通話は電話回線を使わずにデータ通信で行う通話だから、お互いのスマホにLINEアプリが入ってて友達同士なら、通話料がかからずに無料である。(データ通信料はかかるよ)

ちなみにデータ1GBで話せるLINEの無料通話時間は、55時間くらい。ビデオ通話でも8時間くらい話せる。
【参考】LINEやFaceTimeなど無料通話アプリのデータ量まとめ

だから友達と電話で話したいなら、「090」「080」「070」「固定電話」の電話番号にかけずに、LINEの無料電話を使えば良いのである。
ちなみにLINEの無料通話って、ここだからね。

LINEの無料通話

090・080・070・固定電話への通話を安くする方法は「LINE電話」を使う

ここで問題になるのは、LINE友達ではない相手、スマホを持っていない相手や固定電話に電話をかける場合。
これは「LINE電話」を使うことで解決できる。

これは「LINEの無料通話」と違って、「090」「080」「070」「固定電話」に電話をかけられるLINEのサービス。
混同している人が多いと思いますが、全然違うサービスです。

自分のスマホにLINEアプリを入れていれば、特に申し込みなんかも必要ありません。
そして電話をかける相手がLINEを使っていなくてもOKです。

さらに普通に電話するよりもかなり安くて、

LINE通話プラン

120円ずつ前払いして30日で使い切る「30日プラン」ならスマホや携帯電話へは1分6.5円、固定電話へは1分2円で電話出来るからめちゃめちゃお得!!!

つまり、スマホで普通に電話をかければ60分通話で2400円もかかるところ、LINE電話なら「090」「080」「070」などのスマホ・携帯電話へは120円で18分ほど、固定電話へは120円で60分の通話が出来てしまう。

ではどうやってLINE電話をかけるかですが、

LINE電話

LINEアプリを開いて、「その他」をタップすると「LINE電話」の表示があります。
これをタップして開始。

LINE電話画面

ダイヤル画面が出てきます
電話をかける時はこの画面からでOKなのですが、LINE電話の特徴は前払い制なので、左上の歯車マークをタップして、

LINE電話クレジット購入

前払いでコールクレジットを購入。スタンプを買う手順と一緒です。
これでLINE電話が使えるようになります。
ちなみに海外に電話しても1分1円~14円で超お得です。

しかも、LINE電話が出来るお店には10分まで通話は無料。
LINE電話をひらいて「お店」をタップして検索すれば、LINE電話OKかが調べられます。
大学や銀行、飲食店の多くが既に加入しているので、ちょっとした問い合わせや予約なら無料で済ませられます。

LINE電話ができるお店

【リンク】LINE電話とは

ただし、相手のスマホがau、ソフトバンクであれば自分の携帯番号が通知になりますが、ドコモの場合だけ非通知設定になります。

まぁこれはどうしようもないのですが、どうしても通知させたい場合はLINE電話を使わずにかけて、その後「もう1回かけなおすけど、安いLINE電話でかけるから非通知になります!」と言って相手に理解してもらうとか工夫が必要ですね。

まとめ

ということでまとめます。
格安スマホにしても料金が安くならない人は、

  1. 友達への通話はLINEの無料通話でかける
  2. 「090」「080」「070」「固定電話」にかける場合はLINE電話でかける
  3. お店に電話する時は「LINE電話可能か」を調べてから(10分までなら無料)

このようにLINEを上手に活用すれば、通話を使いまくっても格安スマホ・格安SIM料金と合計で月額2,000円ちょっとで収まると思いますよ。

世にある良いサービスをいかに調べて知っておくか、どう利用するかが大事ですよ。

Pocket
LINEで送る

<スポンサーリンク>
◆いいね!で更新情報のお知らせが届きます◆

このページの先頭へ