ブログを書き続けられない人は「ATY」の発想に切り替えると良いよって話

最近「脱サラしてブログで食べていきたい」とか「ブログで稼ぎたい」って人が前よりちょっとずつ増えてるような気がしてます。

というのも、世に言う「プロブロガー様」のイケダハヤトさんや立花さんが「ブログは儲かる!稼げる!好きな事してストレスなく生きていける!」と煽っている発信している効果もあるんじゃないかと思ってます。

月5000円のブログサロンなんか大人気のようで、会員数が200名突破したそうです。
この実績見るだけでも「ブログで稼ぎたいんだなぁ、あ、でも上手くいってない人も多いんだな」という状態を現してるようにも思います。

実際に私にも「どうやってそんなに書き続けられるの?」とか「毎日更新とか無理で・・」「続かないです」という声をポロポロと頂くんですが、こういう人達って考えすぎちゃってるんですよ。

ブログなんて何を書いてもOKなんだからさー

他人の責任を背負ってるわけでもない自分のブログなんだから、何書いてもOKなんですよ。

ところが「良い事書かなきゃ」「面白いこと書かなきゃ」「役に立つこと書かなきゃ」とか考えてしまうと、手が止まるんですね。気付いたらネットでネタ探して1時間経過しちゃってるんじゃないでしょうか。

じゃぁ、どうして「良い事書かなきゃ」「面白いこと書かなきゃ」「役に立つこと書かなきゃ」と考えてしまうか。

それは、他人のブログを毎日読んでるからなんですよ。

他人のブログ読むと「あ~、こう書かなきゃ」「あ、これはソーシャルで拡散してから、私もこういうの書きたい、書かなきゃいけない」などの雑念に縛られてしまうんですよ。

個人のブログはその人にしか書けないので、他人のブログを読んでスタイルを真似しようとしても出来ないし、自分が縛られて自分が出せなくなるんですよ。

特に書くことにおいて「自分」というものが出来上がっていない状態で、他人のブログを毎日読んでから自分のブログを書こうとすると、他人のブログの情報が自分に”雑念”みたいに残ってしまいます。

そんながんじがらめの状態で「自分のブログ書こう」なんて、頭も手も動くわけがないし続くわけがありません。
おまけに「稼ぎたい」「いつか脱サラしたい」なんて思ってたら、稼げていない焦燥感もプラスされて思考停止状態に陥りますよ。

ATYというクレド

じゃぁブログをじゃんじゃん書き続ける為にどうするか?
私は「ATY」をお勧めします。

「ATY」とはキュービックホールディングス社のクレド(経営理念)で、「アホだから(A)、とりあえず(T)、やってみる(Y)」の略。

若い社員が多くて変化の激しいメディア広告業界なので、立ち止まって考えずにまずは行動!挑戦!という精神を推奨しているんですね。

ブログを書く時もこれと同じで、他人と比べていろいろ考える前に、自分は大した存在でもないアホなんだから、とりあえず行動に移してやってみようという精神が大事です。

イケハヤさんの著書「武器としての書く技術」にもATYと同じようなことが書いてます。

完璧主義をやめる。
人間なんてどうせバカで無知なんだから、賢く取り繕う必要なんてありません。誰よりも多く恥をかくくらいのつもりで、日々ブログを書いています。

【引用図書】

手が止まってる時にあなたが考えている事は基本的に「No!」

プロブロガーと自称している人達のブログ、読んでてそんなに面白いですか?

毎回良い事ばかり書いてますか?

「ブログで食べている」人のスタイル真似することが「自分にとっても正解」と思いこんでいませんか?


これ、全部「No!」ですから。

手が止まったら、自分がその時考えている事をいったん全部「No!」と否定して、「自分はアホだからとりあえずやってみよう」という考えに切り替えると良いですよ。

そうすれば手が進みます。

これ、ブログだけじゃなくて仕事でも同じですけどね。

Pocket
LINEで送る

<スポンサーリンク>

この記事もよく読まれています

このページの先頭へ