ブログやレビュー用カメラにはリコーのGRdigitalⅣが良いと思った

ブログサイトレビュー用カメラRicho GRdigitalⅣsh写真

ブログやレビュー作成、サイト制作の上で欠かせない「写真」です。

4年くらい活動してきてこの活動に必要だと思った機能や仕様は、

  • 画素数1000万画素以上
  • 明るいレンズ(F値が2.0以上)
  • 目で見た時と同じ色が出せる
  • 接写機能が優秀
  • 軽くてかさばらない
  • 目立たない
  • 撮影音を消せる
  • Eye-FiかWi-Fi対応
  • 夜景に強ければなお良し
  • レンズは1本のみ
  • ズームの必要性は無い



とこんな感じだなぁと。



で、
NikonのCoolPixP340から始まって、SONYのRX100M2、デジタル一眼レフ、単焦点レンズ買い増し、スマホではiphone5s、XperiaZ1、XperiaZ3、などいろいろ試してきました。
ですが、なかなか希望に見合うものに出会えた感じがしてなかったんですね。

そんな中、ヤフオクでRICOHのGRDigitalⅣが安く出回ってたので購入。

RICOHのGRDigitalⅣ

この昔のカメラっぽい地味ィィィ~~~な感じが良い。
目立たないから、飲食店なんかで取り出してもそんなに気にならない(と思う)。

RICOHのGRDigitalⅣ

軽い。なんと192gしかないし、コンパクト。手に持っても疲れない。

ということでどうでも良いものを適当に撮ってみた。

RICOHのGRDigitalⅣ写真

マクロモード。文鳥の羽の線がリアル。


RICOHのGRDigitalⅣ写真


RICOHのGRDigitalⅣ写真

指のシワまでくっきり。


RICOHのGRDigitalⅣ写真
岩手切炭。細かい部分の描写もくっきり。

コンパクトデジカメでありながら、背景のボケもがっつり出ます。
スマホのカメラじゃこうはいかない。


RICOHのGRDigitalⅣ写真

XPERIAのロゴ。接写1cmくらいで撮影。


RICOHのGRDigitalⅣ写真

最近買ったダッチオーブンの蓋部分をマクロ撮影。
金属の線と光沢がしっかり描写されてますね。

手軽にサッと撮れるのが嬉しい

R0011370

GRDigitalⅣを5日間ほど使った感想は、鞄やポケットに入れてもかさばらないし、軽い。
「撮ろう」と思った時に、スマホのように気軽に「サッ」と撮れる。

しかもレンズが明るいから、ちょっと薄暗い場所でも明るく写る。
「ビビッドモード」で撮影すれば、原色が色濃く出てアピール性良い写真が撮れる。

SONYのRX100M2は1年以上重宝してたけど、重いし金属ボディで冷たい感じに何か違和感を感じてたんですよ。
色合いも薄目に出てしまう事も気になってました。

でもGRdigitalⅣは温かいですね。プラスチックボディだからカメラを全く知らない人にとっては安っぽく感じるかもしれませんが、昔ながらのカメラを思い出させてくれます。

設定する項目は細かくて初日は戸惑いましたが、使っていくうちにコツを覚えて、日に日に楽しくなっていくカメラだなぁと。
写る色合いも、目で見た状態に近い感じで描写してくれるのですごく助かる。

いや~良いカメラ作ってるなぁ、RICOHさん。

既にこのカメラを持ち歩く事が楽しくなっています。
価格.comのレビューを見るとやたら評価が高かったのですが、使ってみるとその理由が分かります。
周囲に媚びずに、独自路線を突っ走っている感じがしますが、性能は素晴らしい。良い製品を出してる会社ですね。

ということでGRdigitalⅣは、ブログやレビュー書きやってる人には重宝すると思うし「買って良かった」と思うカメラだと思いますよ。オススメ。

Pocket
LINEで送る

<スポンサーリンク>

この記事もよく読まれています

このページの先頭へ