ウェブ・クレジット決済が多い個人事業主ならクラウド会計「freee」を使った方が良いと思う理由

クラウド会計freeeウェブ決済

クラウド会計「freee」を導入し始めてもうすぐ1年ですが、本当に助かっています。

今年も残り2カ月半くらいですが、確定申告作業はほとんどやることがありません。

なぜならウチはウェブやクレジット決済が多いので、経理業務はクラウド会計と相性が抜群に良いんですよ。

freee一つで口座も帳簿も一元管理出来る

前にこういう記事を書きました。

【過去記事】「クラウド会計のやよい青色申告とfreeeを比較した結果」

弥生の青色申告クラウド、あれから大分経つけどどうなってるのかな~と再び無料体験で使ってみたんですが、ほとんど変わってなかったんですよ。

弥生のクラウド会計連携サービス

弥生の青色クラウド会計には各クレジットカードや銀行の情報を直接取り込むのではなく、MoneyLookやZaimなどの別の帳簿付けソフトのデータを取り込む方式です。

だから、これだと「帳簿付けソフト」と「弥生の会計ソフト」の2つを管理する必要があります。

これに何のメリットがあってこうしているかは分かりませんが、私みたいな「1つのソフトだけで全部やっちゃいたい」と思う人間には何だか面倒に感じて腰が重いんです。


クラウド会計freeeの口座一元管理

対してfreeeは、クラウド会計システムfreeeの中に直接口座の情報を取り込めます。

さらに、取引があればfreeeが自動的に口座と同期して、

「○月○日、支出 新聞図書費、Amazon 、書籍・雑誌、○○円、品名****」

というように、勘定科目・取引先・品目・商品名・金額・日付などの情報を過去のデータから推測して自動で仕分けしてくれます。

freeeのAmazon口座自動同期

ウチはAmazonで書籍や事務用品・日用品を購入することも多いので、freeeがAmazonと口座同期出来るシステムはかなり重宝しています。
freeeを導入する前は、1品ごとに勘定科目や長い書籍の品名も全て手入力してましたからね。

今ではそういう手間が全く無くなったので凄く凄く凄く楽。

Amazonだけじゃなくて、クレジットカード決済・銀行決済も同様に自動振り分けしてくれます。アスクルや楽天市場、楽レジ、Edy、nanacoなどの決済サービスとも同期できる。

導入前の経理処理には年間30時間くらいはかかってたと思いますが、取引量が増えた今季でも経理処理に月に1時間もかかってません。

ちなみにこれだけ業務量軽減できているのは、私の仕事はクレジット・ウェブ決済が多いからであって、現金決済が多い人には何のソフトを使っても大して変わらないと思います。

空き時間にスマホアプリで仕分け

freeeのスマホアプリ

さらにfreeeにはスマホアプリもあって、新幹線での移動時間やちょっとした空き時間に、財布の中の現金払いした領収書・レシートや自動分類から漏れた取引なんかをポチポチ登録できます。

以前は財布の中の領収書・レシートはごっそりため込んで、後で紛失することもあったのですが、アプリのおかげでしっかり経費登録できるようになりました。

領収書の写真アップロードもできるので、いろいろと便利です。

freee会員だと振込手数料が160円から

freeeだと振込手数料が160円から安い

あとfreeeで重宝している部分は、ジャパンネット銀行を使えば振込手数料がありえないくらい安いこと。

ほとんどの銀行振り込みは他行宛になると思いますが、これだと3万円未満は324~432円、3万円以上は540~648円の手数料がかかってしまい、これが意外とバカにならないんです。

ですがfreeeを導入して振込用口座にジャパンネット銀行を使えば、他行宛の振り込みでも3万円未満は160円、3万円以上は250円の手数料で超お得。

月に10社ほど振込する必要があっただけでも、振込手数料だけで年間3万円くらいはコストダウン出来てしまいます。

10年間なら30万円です。「振込手数料くらい仕方ないからね」で済ましている人は多いと思いますが、まさに「塵も積もれば山」です。

次の青色確定申告は既に終わったようなもの

freeeで青色申告

freeeの導入前は「経理は面倒だから後にしよう・・・後にしよう・・・」と思い続けて気が付いたら2月!!!、という感じで時間が経って、半べそかきながら1年分の帳簿付けをしていました。

ですが今は毎月末だけ1時間ほど経理処理に時間を割くようになって、そこで1カ月分の経理が終わってしまうので、もう次の確定申告は終わっているような状態です。

おかげで本業に割ける時間も増えて超超超助かっています。ほんと、事業始めてすぐに導入していれば良かったなぁ。

ということで、ウェブ・クレジットカード決済が多い、経理が面倒くさいと思っている個人事業主さんほどクラウド会計freeeはお勧めですよ、というご紹介でした。

クラウド会計「freee」の詳細確認・無料体験は以下から☟

>>全自動のクラウド会計ソフト


Pocket
LINEで送る

<スポンサーリンク>

この記事もよく読まれています

このページの先頭へ