「お金を稼ぎたいけどお金は出せません」と言う人は稼がなくてよろしい

お金を稼ぎたいけどお金は出せない

たまにこのブログに

「ブログやアフィリエイトでお金を稼ぎたいんですが、やり方がよく分からなくてちょっとコレやってみたけど上手くいかなくて、どうしたらいいか分かりません。給料の収入も少ないのでお金は出せませんが、やり方を教えて頂けませんか?」

という「この人完全に頭のネジが外れてるんじゃないか?」と思うお問い合わせを頂きますが、「あなたに教えてもあなたはどのみち稼げないので、お断りします」と返答しています。

なぜかって。
こういう「お金は無いですから」と予め言ってくる人は、何かを犠牲にする心構えも意気込みも無い、ただの甘ったれさんなんです。「私は何も痛い思いをしないでタダで美味しいところだけ持っていきたい」という意思表示してきてるようなものですからね。

この手の人は投資意識が思いっきり欠けてる可能性99.999%くらいなので、自分で何かを立ち上げたとしても何も芽が出ることなく消えていきます。
お金は稼がなくても良いので、今の生活にいかに満足するかを必死に考えた方が簡単です。

お金を稼ぐことは、基本的には何かを犠牲にしなくちゃ成り立たないんですよ。
特に自分で事業を行う場合、成功するかも分からない、無駄とも思えるものに膨大な時間とそこそこのお金を突っ込む必要があるんですね。

そういう覚悟も意思表示も見られないような人を相手にしようなんて、私は1ミクロンも思いません。

本当はこういう甘ったれさんにを相手にして返答する時間を割くのもイヤなんですけど、あえて厳しい返答するのは「気付いて欲しいな」と思ってるからです。

Pocket
LINEで送る

<スポンサーリンク>

この記事もよく読まれています

このページの先頭へ