美味しいお店でも露出と広告が下手だと経営破たんする

経営破たんするお店

海産物や焼き物料理が美味しく私が好きなお店なんですが、ここ1年ほど経営状態が悪化しててお店をたたむそうです。

通っているお客さんは昔からなじみの年配層で、お店の大将も人当たりが良くてカウンターではよく楽しませて頂きました。

お店の立地も接客も全く問題無い。値段はちょっと高めだけど、べらぼうに高いわけじゃない。あの値段でこれだけのクオリティなら十分満足という感じです。

食べて美味しい、行って楽しい、なのに経営が上手くいかない。

これ、完全にお店の露出と広告が下手だからです。

お店の内部を見ても、「メニューのディスプレイを変えればたぶん客単価上がるのになぁ」とか、「客の欲求をくすぐる訴求は何も考えてないなぁ」「口コミを待ってるだけの状態だなぁ」などなど、勿体ないと思うとこが満載。

広告もほとんど打たず、新しい施策にもチャレンジせず、格安ランチを始めてみるも露出が無いから客数確保できずに失敗。

中身が良くても知ってもらわないとお店に来ない。
すっごい当たり前なことで言い尽くされてることなんですが、この当たり前のことが出来てない・挑戦しないお店がなんと多い事か。

当たり前のことって、なかなか続けて出来ないものなんですよねぇ。

Pocket
LINEで送る

<スポンサーリンク>

この記事もよく読まれています

このページの先頭へ