あっさりの超王道、十文字中華そばの「三角そばや本店」は素晴らしい

三角そば十文字中華そば

十文字中華そば。

あっさりラーメン好きの人なら「これ食べてないなら、君、あっさりラーメン・中華そばは語れないよ」と思うくらいのレベルと美味しさです。

透き通ったスープ、脂分ほとんど無し、化学調味料無し、超細麺、アッサリ叉焼、なると、麩で構成された中華そば。

ダシのベースは煮干しですが、そんじゃそこらの煮干しダシとは全然違います。
臭みがほぼゼロ、完ぺきに洗練された、「ここをこうすれば良いんじゃないかな」と思う余地が全く入らない、完成された中華そばなのです。

十文字中華そば

秋田県横手市十文字町の国道13号線沿いに、三角そばやの本店があります。
以前はもっと町の中のふる~い店舗が本店でしたが、経年劣化でこちらに移りました。

三角そばやメニュー

三角そばやのメニュー。中華そばのみです。
私が子供の頃は並盛が400円だったんですが、時代の流れですね。

ちなみにこのお店、実は私の同級生とそのお父さんがやってるんですよ。
子供の頃はよく一緒にファミコンで遊んでました。「俺が買ったらラーメンおごってくれ」という賭けをして、勝つと1階の店舗からラーメン持って来てくれるのが嬉しかった。

子供の頃は十文字町以外のラーメンを食べていなかったので、この中華そばがどれほど素晴らしいものか分からなかったんですよね。

中高生あたりから脂っこく味の濃いラーメンに目覚めましたが、大人になってから久々に食べたら「あ、十文字中華そばってこんなに美味かったんだ」と分かるようになりました。
外に出ないと、地元の良さって見えてこないんだなぁと学んだ瞬間でした。

三角そばや・十文字打中華そば

今なら余裕で週2回食べられますね。
芸術品に値すると思ってるくらい完成された中華そば。
スープも麺も進むわ進むわ・・・。

友達の店だからってお世辞で言ってるんじゃありませんからね。
何回でも食べられるくらい美味い!

持ち帰り用十文字中華そば

三角そばは持ち帰り用もあります。
ストレートスープだから、本店の味をほとんどそのまま味わうことが出来ます。
具入りのものと無しのものがありますが、当然具入りの方がお勧め。

ラーメン系はほとんど食べないウチの奥様でも、この中華そばなら喜ん食べます。
この持ち帰り用を買ってくると喜ぶんですわ。

注意点としては麺の茹でみ方。
すごく細い麺なので、たっぷりのお湯で30秒~40秒程度で揚げる必要があります。
それ以上茹でるとせっかくの十文字中華そばが台無しになります。少ないお湯で茹でても失敗します。麺がべちょっとなりやすいですね。

でもね、やっぱり本店で食べる方がワンランク上。
お店で食べる方が、スープの香ばしさが際立ってるんですよね~。

通販もありますので、ご興味ある人はホームページでどうぞ。

三角そばや本店

住所:秋田県横手市十文字町梨木字羽場下63-1
営業時間/11:00~19:00(祝日・連休は営業時間延長あり)
冬期営業時間は[平日]11:00~17:00 [土日祝]11:00~18:30 となります。
定休日/不定休(月曜日はお昼まで営業)
TEL:0182-42-1360
食べログ「三角そばや」リンク
三角そばやホームページ

Pocket
LINEで送る

<スポンサーリンク>

この記事もよく読まれています

このページの先頭へ