Andoroidバージョン5とデータSIMでLTE接続する方法

データSIMをiphoneではLTE接続したことはありますが、Androidでは初めてだったので備忘録として書いておく。

今回、SIMフリーモデルのXperiaZ3タブレットCompact(SGP621)を購入したので、格安データSIMのIIJmioさんのSIMでLTE接続してみました。

バージョンはAndroid5.1 Lolipopですが、他のバージョンでもやり方はほとんど変わりません。
これはSIMフリースマホや、格安スマホを買った場合でも同じです。

手順通りに接続すれば繋がるので、参考にしてみてください。

<スポンサーリンク>

XperiaZ3タブレットCompactにデータSIM挿す

まずはカバーを開いてSIMカードを挿す。

Andoroid XperiaZ3タブレットCompactでデータSIMでLTE接続1

設定 >その他設定を開く。

Andoroid XperiaZ3タブレットCompactでデータSIMでLTE接続2

モバイルネットワーク を開く。

Andoroid XperiaZ3タブレットCompactでデータSIMでLTE接続3

最初に「優先ネットワークタイプ」を開く。

Andoroid XperiaZ3タブレットCompactでデータSIMでLTE接続4

LTE/WCDMA/GSM(自動)」を選択して戻る。

Andoroid XperiaZ3タブレットCompactでデータSIMでLTE接続5

次に「アクセスポイント名」を開く。

Andoroid XperiaZ3タブレットCompactでデータSIMでLTE接続6

「+」のマークを開く。

Andoroid XperiaZ3タブレットCompactでデータSIMでLTE接続7

アクセスポイントの編集が開くので、ここはどこのデータSIMを使うかで入力が変わります。
ですが、入力する箇所は主に

  1. 名前
  2. APN
  3. ユーザー名
  4. パスワード
  5. 認証方式

の5つだけですので、「項目いっぱいある!ウワッ!!」と驚かなくても大丈夫です。

IIJmioの場合は、

  1. 名前・・・iijmio(自由に決めて良い)
  2. APN・・・iijmio.jp
  3. ユーザー名・・・mio@iij
  4. パスワード・・・iij
  5. 認証方式・・・CHAP(推奨) / PAP

です。

どこにどう入力するかは、各データSIM会社さんのホームページで公開されています。
例えばOCNモバイルなら「OCN SIM 設定」や「OCN APN SIM 設定」などでグーグルさんで調べれば

OCNモバイルのAPN設定情報

こんな感じで公開されています。
この通りに入力すればOKです。

そして前の画面に戻りましょう。

Andoroid XperiaZ3タブレットCompactでデータSIMでLTE接続8

設定したAPNが表示されているはずなので、「◎」をタップして選択。

これで全ての設定は終了です。

初回接続ではLTEに繋がるまで数分~10分以上かかります

LTE接続初回の時間

この通り「LTE」のマークが表示されました。
初めて接続設定した場合、LTEに繋がって利用できるまでは数分~10分以上かかることもあります。

私のタブレットだと10分以上かかりました。
気長に待ってみましょう。
いつまでもLTE表示が出ないのであれば、先ほどのAPN設定入力で誤字がある可能性が高いです。

ちなみに、

Andoroid XperiaZ3タブレットCompactでデータSIMでLTE接続9

通信事業者の選択は、今回の設定に関係ありません。
設定は最初から自動になっているので、ここは弄る必要無し。

この画面を開くと、「利用可能なネットワーク」が表示されるまで5分くらいかかることもあります。
どうしても確認したい場合は、しばらく待ちましょう。

私が使っているデータSIMはIIJmioさんのものです。データ通信だけなら、3GBで900円。LINEやるなら1,040円。
残ったデータ使用量は次の月に繰り越せるので、毎月6GBくらいは自由に使えています。

【関連ページ】IIJmio データ通信専用SIM 3GB 900円

Pocket
LINEで送る

<スポンサーリンク>

この記事もよく読まれています

このページの先頭へ