高単価記事作成の副業なら「サグーライティングプラチナ」に挑戦してみたら?

高単価記事作成の副業サグーライティングプラチナ

副業とはいえ、低単価の記事作成にうんざりしてませんか?

もし「サグーライティングプラチナ」の登録ライターになれば、1文字1円以上の高単価記事作成案件が用意されています。

サグーライテイングプラチナとは

「サグーライテイングプラチナ」とは、サグーライテイングサービスが新たに始めた取り組みで、記事作成レベルの高い人だけを集めたクラウドソーシングです。

単価が1文字1円以上と高いことが特徴ですが、プラチナライターとして認定されるためにはテストが必要になります。

プラチナライターになるためのテストはどんなもの?

テストと言ってもそれほど難しいものではありません。
自分の得意ジャンルで1000文字ほどのコラム・記事・ハウツーを書くテストで、納期は1週間以内です。

特別な資格は必要ありません。
記事作成のレベルがある程度高ければ、どんな人でも高単価ライターとして活動することが出来ます。

>>【サグーライティングプラチナ】詳細へ

合格すると専属ライターとして継続的な仕事も来る

サグーライテイングプラチナのライターとして合格すると、自分が得意とするジャンルの仕事を選ぶことができ、専属で仕事を受けられる「専属ライタープラン」などのお仕事タイプも出来るようになります。

もし今までクラウドワークスやランサーズで、「良い仕事が無いかな」と探していたのであれば、そういった時間も不要になります。

運営会社はどんな会社?

サグーライテイングプラチナの運営会社は、株式会社ウィルゲートというンテンツマーケティング事業、メディア事業を行っている会社です。

2006年から運営されている企業で、取引先としては、ヤフー・グーグル・リクルート・マイナビ・DHC・サイバーエージェントなど、有名大手企業も多数。
社員も109名を抱え、資本金も6000万円という大きな企業です。

【リンク】株式会社ウィルゲートホームページ

クラウドワークス・ランサーズ・シュフティより稼ぎやすい

高単価記事作成副業

クラウドワークス・ランサーズ・シュフティなどで低単価記事の作成で消耗する時間も減りますし、同じ記事作成の時間で今までより収入を稼ぐことが出来るようになります。

なお、サグーライテイングプラチナのテストは何度でも挑戦可能です。
1度合格すれば、その後はプラチナライターとして活動出来るようになります。

「記事作成にはそれなりに自信がある」「他のクラウドソーシングサービスで経験を積んできている」というライターの方は、一度プラチナライターのテストを受けてみてはいかがでしょうか。
低単価ライターを卒業できるチャンスになります。

>>【サグーライティングプラチナ】詳細へ

Pocket
LINEで送る

<スポンサーリンク>

この記事もよく読まれています

このページの先頭へ