日本人の平均年収は世界年収ランキング上位1%という事実

日本の平均年収は世界ランキング上位1%

日本人の平均年収は約409万円。

平成9年は467万円だったことから比べると大幅にダウン。人々の暮らしは「苦しくなった」と言う人をニュースなんかで見かけるが・・・、

日本の平均年収は、世界年収ランキングでは上位1%にいるという事実をほとんどの人が知らない。

<スポンサーリンク>

Global Rich Listでの調査

「自分の年収は世界で何番目か」を知ることができる、Global Rich Listというサイトがある。

日本年収は世界ランキングで知る

トップページ。国を指定して、年収約4,090,000円と入力すると、

日本の年収世界ランキング

日本人の平均年収は現在上位0.73%!!だ。どうりで世界の人々から「日本人は金持ちだ」と思われるわけだ。

次に、日本人フリーター平均年収120万円の場合、世界年収ランキングではどのくらいか、

フリーターの世界年収ランキング

日本のフリーター年収は、世界トップ5%!!!

日本でフリーターが増えていくのが分かった気がする。生活保護、医療保険、年金免除など日本では福祉が充実しているから、食べていくことよりも「食べていけなくなる事」の方が難しいと思う。別に無理して働かなくても、そこそこの生活は送れるもんね。だって年収ランキングは世界トップ5%以内なんだから。

自分の年収が世界ランキング何位か興味がある人は、Global Rich Listで調べてみると良い。調べたところで生活は何も変わりませんが。

世界年収ランキングに興味を持ったきっかけ

今回私が世界年収ランキングに興味を持ったきっかけは、8月に行ったベトナム・カンボジア旅行です。

ベトナムの平均年収は60万円、カンボジアはたったの18万円と知って驚いてしまった。特にカンボジアにおいては、月収が少ないのにガソリン価格が140円/リットルと、日本と大して変わらない。

その他の物価は日本に比べて安いとはいえ、ベトナムでは日本の半分~3分の1くらい、カンボジアでは5分の1前後。カンボジアの平均年収は日本の20分の1だからといって、物価も20分の1ではないのだ。日本がどれだけ恵まれているかがお分かり頂ける数字だと思う。

日本ではここ10年ほど「景気回復!」と叫ばれていますが、日本の平均年収が落ち込んでいても、世界の中で今の日本はこの上なく景気が良く幸せだ。背伸びしなければこの先、まだまだ豊かに生活を送れると思います。

「もっと良い暮らしがしたい」「お金が欲しい」と思っている人は多いと思いますが、世界の国々と比較してしてみると、無理してこれ以上背伸びする必要なんて無いのです。無理すると、気持ちは苦しくなりますよ。

Pocket
LINEで送る

<スポンサーリンク>

この記事もよく読まれています

このページの先頭へ