新しいコミュニティには一人で参加した方が良いと思う

コミュニティ参加

何をしに来たの?何かを変えたかったんじゃないの?

4月になると、サークルや地域のコミュニティに新しく参加したくなる人が増えると思います。

そうなるとよくありがちなのが「友達・会社の同僚と一緒に参加」すること。一人で行くのが恥ずかしいとか、知っている人がいてくれた方が心強いとかそんな理由だと思います。

しかしこの選択をした時点で、期待に胸を躍らせた新コミュニティでの活動や新しい出会いは無いと思った方がいいです。

<スポンサーリンク>

逃げ道

友達や同僚と新しいコミュニティに参加する目的って、休憩時間等で一人になることが不安で怖いからではないでしょうか。だからその不安を回避する逃げ道を作っておきたいが為に、友達同士・同僚同士で参加しているのでしょう。

実際そうやって参加した人達を沢山見て来ましたが、そのコミュニティに上手く馴染んで活動を継続している人を殆ど見たことがありません。中にはほとんど話しかけてくれないコミュニティもあります。

休憩時間はいろんな人と話すチャンスなのに、一緒に来た友達の輪に閉じ籠っている人が大多数。せっかく新しい世界で自分を広げるチャンスなのに、実にもったいない。

誰か親切なメンバーさんがいて、向こうから話かけてきてくれて、手取り足取り教えてくれる場合もあると思いますが、全てのコミュニティがそうとは限りません。

新しいコミュニティに参加したのであれば、自分から話しかけていかないと。しかし”友達・同僚”という逃げ道を作ってしまうことで、どうしてもそっちに気持ちが向いてしまいます。人間なんてそんなもの。こんな状況下にいては、新しいことを始めても、結局は何も変わらないと思います。

一人がいい

コミュニティに参加

一人で新しいコミュニティに参加した場合は、逃げ道はありません。話したことが無い人と、必ず話すことになります。最初はちょっと話すだけでも良いんです。それを長く続けていくことで、新しい関係が生まれていくと思います。

私が新しいコミュニティに参加する時は、基本的に一人です。そりゃぁ最初は不安です。「誰も話しかけてくれなかったらイヤだな~」とか思います。しかし逃げ道を用意してしまうと、私の場合はそれに甘んじてしまうことが分かっていますので、一人で行きます。もちろん、最初のうちは行ってもポツーンとする時があります。

とはいえ自分にとって新しいコミュニティに参加する最大の目的は、そのコミュニティで行う活動内容を通して、沢山の人と出会って繋がって、人生を楽しみたいからです。

新しいコミュニティに参加する本当の目的って、みんなこれじゃないの?

Pocket
LINEで送る

<スポンサーリンク>

この記事もよく読まれています

このページの先頭へ