日本はラーメン文化ではなくフォー文化になれば良いこと尽くめではないか

ベトナムのフォー文化

近夏はベトナム旅行に行ったのですが、現地の行く先々で必ず出てくるのがフォー

6日滞在中は毎日フォーを食べておりました。ホテルの朝食バイキングからフォーが置いてあり、街中の屋台でもフォー、フォー専門店も現地民で賑わっております。ラーメン店はまず見かけません。繁華街に日本人観光客向けの不味いお店がひっそり営業している程度です。

そしてフォーの原料はお米。きっとベトナムでは米の消費量はハンパないんだろうな、と思っていた矢先のニュースがこれ。

14年産米概算金、暴落

東北の全農各県本部が、農家から販売委託を受けた際に支払う2014年産米の概算金が出そろった。各県の主要銘柄は前年比1200~4200円の大幅下落となり、おしなべて過去最低を記録した。コメの需要減と過剰在庫、東日本の豊作予想が重なり、一気に価格破壊を招いた形だ。

米価格下落

【出典】河北新法オンライン

行きつけのお米屋さんのおばちゃん、兼業農家で稲作やってるのおじちゃんは「今年の米価格、低すぎて話にならん」と、政府への恨みを込めて口を揃えて言っております。

そりゃそうだ。米づくりで生計を立てている人たちからすれば、20%以上も収入が下がると生活はかなり苦しくなるでしょう。



コメの価格が下がっているということは、コメが多すぎるってことなんだよね。であれば、コメの生産を下げるか、コメの需要がもっと高くなれば良いわけだ。とはいえ、農家も稼ぎたいから生産を下げることはしにくいでしょう。

で、ここで繋がったのはベトナムのフォー。

わたくし大のラーメン好きですが、ベトナム滞在中はフォーを毎日食べていたので、ラーメン食欲はほぼ皆無でした。つまり、ラーメンじゃなくて麺食が好きなんだと分かった。同じような人は結構多いと思う。

フォーはあっさりした味で、野菜もたっぷり。塩分を抑えている代わりにライムの酸味で味を補っているので、美味しくスッキリ食べられます。おまけに米だからラーメンと違ってグルテンフリー。消化も良くて胃腸に優しく太りにくい。これはベトナム人にデブが少ない理由の一つでしょう。

日本はラーメンではなくてフォー文化が根付けば、もっと米消費量が増えて価格も安定するのでは?さらに健康面でも良いのではないでしょうか?

<スポンサーリンク>

日本の米消費量と健康

日本の米消費量

日本は食の欧米化が進むにつれて、1962年には一人当たりの米消費量は118.3kg/年だったのが、2009年には58.5kg/年と半分まで減っている。

そしてこのグラフと反比例しているのが、生活習慣病の患者数。

生活習慣病の患者数出典】糖尿病コラム

グラフが96年で止まっていますが、生活習慣病患者は減ることを知らずに現在も右肩上がりです。

原因は明らかで、脂っこいもの、塩辛いもの、甘いものの食べ過ぎです。特にラーメンは最悪。脂+塩分+炭水化物の塊で、健康に良い成分は一つも無い。ピザやハンバーガーも脂と脂肪と炭水化物の塊です。そしてこれらの原料は全て小麦。国内自給率はたったの14%です。

日本は国内でもっと米を生産出来るんだから、国をあげて脱欧米食を目指せば、生活習慣病患者数も少なくなって医療費も削減になるのではないでしょうか。その一環として、日本にフォー文化を根付かせれば、ラーメン食数が減って米消費量が上がり、生活習慣病患者数も減る可能性が出てきます。

日本米でフォーが作れるのか

それ以前に、日本米でフォーが作れるのかという疑問がある。

実は日本米は粘り気が多いから、麺を作るのはかなり難しいらしい。ベトナムでもフォーに使っているのは、パサパサした長粒種米です。ところがそんな状況でも、日本米からフォー作りに取り組んでいるお店があった。

日本米からフォー【出典】ベトナムやタイ料理チョップスティックス

偉い!!!

高円寺と吉祥寺に店を構えるチョップスティックスというベトナム屋台料理屋さんで、日本初の生米麺フォーを開発。

日本米は世界で一番うまい。日本の米を使って世界で一番うまい米麺を作りたい

この思いから、米麺を開発し始めたそうです。じゃぁ価格は高いと思いきや、そうでもない。定番の蒸し鶏のフォーは600円。東京だとラーメン1杯800円くらいが多い中、かなり頑張っていると思う。食べログでも結構人気の様子。

食べログ チョップスティックス 高円寺本店

日本の米消費量増加に貢献していますね。こういうお店は心から応援したい。

これからの日本は米麺ブームに

これからの日本はラーメン店じゃなく、チョップスティックスさんのように米から作った麺食をテーマにしたお店が増えていって欲しいと願います。農家も健康も潤うし、外貨も流出せずに済みますよ。

どこかの市町村で、町おこしとして取り組むのも面白いかもしれませんね。「フォー」って名前で売り出すとベトナム料理のイメージが強くなってしまうので、「○○名物○○ライス麺」とか。岩手盛岡でも三大麺から進化させて「盛岡四大麺」として発信するのも良さげ。

ダイエットにもなるグルテンフリー・生活習慣病減少・コメの消費量増加・日本の米文化の新しい形として誰かやってくれないかなぁ。ラーメン店を出店するよりも、大きな意義があると思います。

Pocket
LINEで送る

<スポンサーリンク>

この記事もよく読まれています

このページの先頭へ