祝!盛岡さんさ太鼓ギネス記録奪還!

盛岡さんさ太鼓ギネス記録奪還

2014年6月29日、雨のなか重い太鼓を持って陸上競技場に足を運んだ皆様、大変お疲れ様でした。

和太鼓同時演奏世界記録は、盛岡さんさ太鼓が3,437人に塗り替えて奪還!ギネス世界記録は岩手盛岡の手に!

めでたいめでたい!

<スポンサーリンク>

前回の記録

盛岡さんさ太鼓ギネス前回の記録

盛岡さんさ踊りパレードの第一回から出演している私の師匠も、この通り大大大喜びです↑。

一応、ここで前回の記録と旧ギネス記録をおさらいしとく。

盛岡さんさ太鼓のギネス記録は前回2009年では2,571人でしたので、今回の挑戦は前回挑戦に比べて800人以上プラスになりました。旧ギネス記録だった熊本「三千人太鼓」の2,778人にも大きな差を付けることができました。新記録は3,437人。多分、しばらくこの記録は抜けまい!

国内で記録を張り合うのはちょっと微妙な気持ちもありますが、岩手盛岡に住んでてさんさ踊りにハマっている私にとって、今回のギネス記録奪還は素直に嬉しいです。

途中晴れて汗だくになったり、天候急変で雨ザーザーにもなりましたが、3,400人以上の和太鼓同時演奏の音は圧巻!大地と空が唸りを上げていました。人間、集まると凄い力になるもんです。

ギネス記録挑戦日の様子

盛岡さんさギネス記録臼澤みさき

ここからはギネス記録挑戦日の様子をご紹介。

この日はギネス挑戦イベントのほかに、さんさ好みは【臼澤みさきwithさんさ好みライブ】を控えていたのです。↑は午前中リハ後の集合写真。笑顔がカワイイですねー。ちなみに写真左でピースしてる人が俺な。

リハーサル最中だけ晴れて異常に蒸し暑くなりました。リハーサル後は全員汗だくです。晴れたのは残念ながらここだけでした。

盛岡さんさギネス記録挑戦踊り場所

さんさ好みが踊ったのがなんとこの狭いスペース。前後の足幅は30cmくらいしかありません。会場入りして「こりゃーヤバイなw」と言い合っていましたが、踊り方を工夫して何とか乗り越えました。回転が辛かった。

盛岡さんさギネス挑戦の天気

リハーサル始めは曇ってたんですが、途中からいっきに晴れたんですね。太鼓にビニールをかけていたのですが、一斉に外しました。また後でつけることになるんですけどね。

さんさ好みギネス受付

臼澤みさきライブ終わりギネス受付

リハが終わって汗だくになっても、元気がありあまるさんさ好みメンバー。この写真を見ていると、みんなはさんさ踊りイベントの時は仕事してる時の10倍くらい元気なんじゃないかと思う。なぜなら「We are さんさ好み」だからだ。好きなことやってると元気になるのは当たり前。

この調子でギネス記録挑戦にさんさ好みは皆で受付。ちなみに一斉に受付しないと、入るブロックが大きく離れてしまうのです。

受付入口

盛岡さんさギネス挑戦受付入口

ギネス挑戦会場受付入口。スタッフがこのように、番号が書かれた缶バッジをつけてくれる。

盛岡さんさ太鼓ギネス受付バッジ

こんな感じになる。これが和太鼓同時演奏挑戦者の許可証がわりになります。

盛岡さんさ踊りギネス記録奪還

バッジはこんなの。ギネス挑戦が終わった後は、記念として太鼓に付ける人が多いです。

和太鼓演奏場所

盛岡さんさ太鼓演奏場所

和太鼓演奏場所区画
演奏場所はこのようにブロックで区切られている。ここに缶バッジの番号順に並べられていくのだ。

盛岡さんさギネス記録挑戦が雨

ここで再び雨。観客もご覧のとおり、全員傘をさすほどだ。

盛岡さんさ太鼓ギネス挑戦雨

太鼓をビニール袋に入れて多くの人が軒下に避難。

盛岡さんさ太鼓ギネス挑戦が雨2

避難を諦めてビニールを被って自衛するメンバーも。和む風景だったんで撮らせて頂きましたw

ギネス記録挑戦開始!

盛岡さんさ太鼓ギネス記録挑戦開始

いよいよギネス記録挑戦開始!ギネスワールドレコード本部のマクミラン・マイさんが審査をします。マクミラン・マイ、覚えられなそうだったんで、スマホに急いでメモしました。マクミラン・マイ審査員だ。

演奏中はさすがに写真を撮れないのでここでは掲載できませんが、ズォォォォオォオ!!!という凄まじい音だった。テンポが速くなりがちだから、音はあまり聞かずに太鼓リーダーの動きに注目して叩くのがズレないコツ。

5分間演奏し続けられれば終了。思ってたよりあっという間に終わりました。

盛岡さんさ太鼓臼澤みさきライブ

ギネス記録の集計には時間がかかるため、その間に臼澤みさきんさんのライブをします。ギネス挑戦演奏が終わった後、花笠を被ってダッシュでスタンバイ。

演奏中の写真は無し!どなたか持ってたらぜひください!

盛岡さんさ太鼓ギネス記録認定

ライブ終了後、マクミラン・マイさんから「和太鼓同時演奏のワールドレコードに認定します!」の報告で会場が一斉に湧きました。認定されるだろうなーとは分かってましたが、実際に認定されるとうれしいですね!

記念演奏では皆動きながら自由に踊りました。やっぱ盛岡さんさは動きながらの方が100倍楽しい。

盛岡さんさ太鼓ギネス記録達成後1

盛岡さんさ太鼓ギネス記録達成後2

盛岡さんさ太鼓ギネス記録達成後3

ギネス記録奪還後のさんさ好みメンバーの清々しい表情。神々しさも感じるね。

盛岡さんさ太鼓ギネス記録奪還帰り1

盛岡さんさ太鼓ギネス記録奪還帰り2

帰路も雨。でも、成し遂げた達成感で雨がほとんど気になりませんでした。とはいえ、帰ったらすぐにお風呂にゆっくり浸かりました。

まとめと感想

4,000人近い人の前で臼澤みさきさんとのライブ、3,400人以上の太鼓同時演奏は刺激的でした。

当初の目標4,000人は達成出来ませんでしたが、旧ギネス記録にそこそこの差を付けられてちょっと安心しました。宣伝の仕方を工夫すれば、もっと人を集められたと思うのが残念です。

さんさ踊り実行委員会も頑張られたと思います。そして、各団体の代表や幹部の方たち、さんさ踊りが好きな人たちが自分たちの周囲に懸命に声がけしてくれたからこそ、ギネス記録を奪還できたと思います。

祭り事は、身分や立場を超えて縦横の繋がりが強くなる素晴らしいものだと思います。特にさんさ踊りは多くの人が気軽に参加して楽しめる点で素晴らしい。秋田にはこんな文化はありませんでしたしね。ここに引っ越してきて良かった。

いいね、さんさ踊り!

Pocket
LINEで送る

<スポンサーリンク>

この記事もよく読まれています

このページの先頭へ