パズドラ廃人、課金依存症、そろそろ卒業してはどうでしょう?

パズドラ廃人課金依存症

電車内を見渡すとスマホでパズドラ、何かの待ち時間にパズドラ。家でも空き時間があればパズドラ。

スマホの普及に伴って、こんな人が増えていますね。ちょっとやってるくらいなら良いと思いますが、一日中プレイしていたり、月に10万円以上も課金する『パズドラ廃人』『パズドラ課金依存症』なんて人も出てきている状況です。

わたしは20代後半にネットゲーム廃人になってた時期があるので、パズドラ廃人になる気持ちはよーく分かるつもりです。

私のネットゲーム廃人状況は以下参考。
私はオンラインゲーム廃人寸前までいったことがある


ネットゲーム系を卒業した先輩から言わせて頂くが、これらのゲームからは早めに卒業した方が良いです。

何時間かけても、大金を使ったとしても、あなたには何も残りませんよ(^◇^)

<スポンサーリンク>

パズドラ廃人、課金依存症

パズドラはやったことがありませんが、レアモンスターを手に入れるために課金して魔法石を買ったりするらしいんですね。その魔法石に、月に数千円~十数万円をかけているという状況らしいです。

で、1度課金してしまうと依存症になってしまうそうなんですよ。お金さえ支払えば、楽してレアモンスターを手に入れるチャンスが生まれるので、じゃんじゃん課金してしまいます。

誰が作ったか分からないけど、面白い図があったので掲載しておく。

パズドラ課金依存症

これ、ギャンブル依存症と同じ図式なんですよね。

ギャンブルとちょっと違うのは、レアモンスターを沢山持っているほど、誰かに自慢で来て優越感に浸ることが出来るという点。ゲーム内で他人に「すげーー!!」とか言われたら嬉しいですしね。ただし、普通に魔法石を集めていたのではかなりの時間がかかります。短期間でレベルアップやレアモンスターを手に入れるためには、課金して魔法石を買う必要が出てくるわけです。

簡単に言えば、

もっと早く!もっと強く!!みんなに追いつきたい!他の人にチヤホヤされたい!金で解決できるものはやっちまおう!

とまぁ、こんな心理です。私もネットゲームやっていた頃は、いろいろ課金していたので、この手の向上心を持つ気持ちがよく分かりますよ。

で、この向上心に囚われていると周囲が見えなくなってくるんですよ。寝ても覚めても考えるのはゲームのことばかり。

ゲームの世界では誰でもヒーローになれる

ゲームの世界は現実世界と違って、時間とお金さえかければ誰でも結果が出ます。誰でもヒーローになれるんですよ。現実世界ではそう簡単にはいきませんよね。難しくて結果が出にくいことばかりです。

ゲームの世界ではやればやるほど目に見えて結果が出るので、多くの人が楽しいと感じるのは当たり前です。それに加えて周囲の人もチヤホヤしてくれるもんだから、現実世界よりもゲームの世界にのめりこんでいきやすいのです。

そして気づいたら1日何時間もプレイしてしまって、パズドラ廃人になっていくのです。しかもネットゲーム世界はどんどんアップデートされるので、クリアが無いのでエンドレス。自分が飽きるまで止めることはありません。

これがネット系ゲームの恐ろしい部分です。

ゲームの世界は現実とリンクしていない

廃人、依存症と批判してきましたが、「俺はパズドラが趣味なんだ!ゴルフとか、アウトドアとか、趣味にお金をかける人と変わりないだろう!」という人もいると思います。

確かにおっしゃる通り。ゲーム以外の趣味にお金を数百万つぎ込む人もいますしね。

でもパズドラにいくら時間をかけても、いくらお金をつぎ込んでも、現実世界で通用するようなスキルは全く得られないことが不毛だなと思います。

パズルをくるくる回してモンスターを育ててお金と時間をかけても、現実世界では何の役にも立ちませんよね。わたくし、ネットゲーム廃人になって得たスキルは一つもありません。その代り胸郭出口症候群という超厄介な病気になりましたが。

そろそろパズドラ卒業してはどうでしょう?

パズドラ卒業
ということで、せっかくスマホ持ってて、お金も時間もそこそこあるんですもの。パズドラは卒業して、もっと世間と世界に目を向けて、自己投資に時間とお金をかけてみてはどうでしょう?haffpostとか産経ビズとか読んでると面白いですよ。会社に頼らずに自分で稼ぐ力を身に付ける勉強も楽しいですよ。

わたくし、今やゲームをする気持ちは皆無です。なぜならゲームは人生において不毛な時間だったと気づいたからです。いくら時間をかけても生活が好転していくことはありません。むしろ大切な時間を浪費してしまって、将来的には生活を悪くしていくんじゃないでしょうか。今はその影響を感じていなくても、10年後「あのゲームの時間をもっと別なことに費やしていれば・・・」とか思う日が来るかもしれませんよ。

「ゲームのおかげで人生が好転した!」って話は滅多に聞きませんしね。



パズドラのデータを消されて発狂している人の動画があって貼り付けておく。動画後半の発狂の仕方はすさまじいです。

演技かもしれませんが、発狂する気持ちは分かるわ。ゲームに興味ない人には「???」だと思うが、ゲームにのめりこんでいる人ならたやすく理解できると思う。こうなってしまうくらい、ゲームは中毒性と依存性を持っているのですよ。

パズドラ廃人の人、自分の子供がゲーム廃人の親はこれも読んでおくといいですよ。ゲームにはまる気持ちが分からない親が、いくら子供に「ゲームを止めなさい!」と言っても説得力が全くありませんからね。そんな親では、子供のゲーム中毒を止めることは難しいでしょう。

Pocket
LINEで送る

<スポンサーリンク>

この記事もよく読まれています

このページの先頭へ