【さんさ好み練習ログ2】やってもやらなくても時間は過ぎていく

さんさ好み練習

はい、先週から始めた、さんさ好み練習状況ログ第2回です。

寒くなってきましたねぇ。長袖で来る人が増えました。

<スポンサーリンク>

日が落ちるのが早い

夜

この時期、練習に行くときに思うのは「あー、もう暗いなー」ということ。

盛岡さんさ踊りパレード時期の7月8月は、夜7時くらいでもまだまだ明るいです。だから7時でも「やるぞ」という気が起きたものですが、9月に入ると練習に出かける7時には既に真っ暗です。気持ちもしんみりするし食欲も増してきて、着実に冬への準備をしている感じがします。人間も動物だから仕方がない。

やる気のモチベーションが7月の頃とは明らかに違うのを感じます。ん~、でもこれでに負けてはいけない。

練習内容

9月も臼澤みさきさんのバックダンサーでの出番が多いため、前半はその練習。後半はステージ練習。

去年までは、全員で2~4番の練習をして、オリジナル踊り練習、その後ステージ練習をしていました。今年は臼澤みさきさんのバックダンサー練習が前半に入ってしまった為に、なんとなく練習不足を感じます。

新しく来た人への対応もほとんど放置状態なため、このままで良いのかちょっと悩ましい。

こつこつ練習に来る人は何かしら変わっていく

さんさ好み練習風景

今日ちょっと話題にのぼったのが、「練習に来続けられる人は変わっていく」ってこと。

私はさんさ好みに入って3年です。その間、新しく来た人を何人も見てきましたが、大半の人が1~2か月以内で来なくなっています。理由は様々あると思います。

しかし、家事の都合などで1時間で帰ることもありますが、毎週必ず練習に来る人もいます。初心者で今2年目の方ですが、やっぱりちょっとずつでも上達していて、周囲とも会話できるようになっていってます。変わってきている原因は、”こつこつ練習に来ているから”と思います。

続けなければそこで終わり。これから過ごす生活は今までと何ら変わりありません。ですが、これから3年間でもコツコツと続ける選択肢もあります。ちょっとのことでも3年間コツコツ続けていれば、自分も生活も周囲も変わっていきます。

最初は何も出来ない

私がさんさ好みに来た時は、誰も話せる人がいませんでした。教えてくれる人もいないし、ポツーーンとした状態です。

でもとりあえず、コツコツと練習には行きました。結果、今はさんさ踊りを存分に楽しめています。いや、楽しい苦しいといったところでしょうか。

すぐに結果を求めずに、ゆっくりコツコツ続けていれば何かしら変わると思います。

Pocket
LINEで送る

<スポンサーリンク>

この記事もよく読まれています

このページの先頭へ