8時間睡眠をする生活にしたい

8時間睡眠を大事にする生活

無理なんですよね~、6時間睡眠の生活とか。

ベートーベンもしっかり8時間寝ていたそうです。私も8時間寝ると頭がすっきりするし、仕事にも集中できやすいと感じています。

妻には「気合いが足らん!」と時々言われるんですが、無理なものは無理。頭がぼーっとしてまともな仕事が出来ません。自分の体は自分が良くわかります。

<スポンサーリンク>

睡眠時間8時間がベスト

睡眠時間を大切に

私の場合は7時間睡眠でもちょっと頭がボーっとしています。6時間の場合だととりあえず動いているだけという状態で、5時間になるとその日1日がほとんど機能しなくなります。

あと、寝始める時間も関係しています。22時~6時がベスト。しかし同じ8時間睡眠でも1時~9時だと1日中頭がボーっとしてダメです。大抵の日は23時~7時くらいに寝ています。

たまに「睡眠時間は5時間でも十分」って言う人をみますが、あれ、ほとんどはウソなんじゃないですかね。哀川翔さんも「早起きは三億の得」でこう書いています。

寝なくても大丈夫っていう奴いるけど、そういう奴に限って足りない分は絶対どこかで寝ているはず。

睡眠時間が5時間という人の多くは、夜は寝ていなくても、その分日中ダラダラ・ぼーっとしている時間があるか、仮眠を取っていると思います。または休日に寝まくっているか。

最近売られている成功者の告白本で「あの頃は睡眠時間は1日2~3時間くらいだった」と自慢げに書いているものを見かけますが、よくそんな睡眠時間でまともな仕事が出来るなと思います。ボーっとしている頭でクリエイティブな発想を出すとか、ほとんど無理でしょう。単純作業をするうえでも、ミスの発生が多くなると思います。睡眠時間を短くすることは、良い仕事をするうえでも非効率的だと思います。

堀江貴文さんも「睡眠時間の重要性」でこのように書いています。

私はどこかの会社に雇われている身ではないので、時間設定は自由だ。もちろん約束が入っていればその時間は拘束されるが、朝はゆっくり寝ていたいので大抵は昼過ぎから予定を入れる。私の中で睡眠はそれくらい大事なこと。最低でも8時間は寝たいところである。

起業したての頃は現場でプログラミングもやっていたから、非常に忙しかった。だから帰宅する時間をまず削った。

会社にシャワーとベッドを入れた。そして食事に行かないようにした。下にあったコンビニでいつも買ってきていた。あるいは出前。もちろん仕事しながら食べるのだ。友達とも一切遊ばないようにした。彼女ともデートしなかった。というわけで、寝る時間8時間確保しても16時間まるまる仕事に使えた。16時間もあれば十分すぎると思うのだが・・。

8時間寝ても活動時間は16時間も取れるのです。休憩時間にダラダラとスマホを見ている時間があるのなら、その分仮眠を取った方が頭をリフレッシュさることができて、より良い仕事ができると思います。

ということで、最近の私はスマホをあまり見ないようにして、睡眠時間の確保を重視するようになりました。1度見始めるとついつい長い時間弄ってしまうんですよね。

フェイスブックやまとめサイトを見ても、人生に有効な情報なんてほとんど得られないですし。

それよりだったら、睡眠時間を増やした方が人生をより有意義に過ごせるように思います。

この本、サラっと読めるし結構面白いです。

Pocket
LINEで送る

<スポンサーリンク>

この記事もよく読まれています

このページの先頭へ