スターウォーズ/フォースの覚醒に「エピソード7」が付いていない理由

スターウォーズフォースの覚醒にエピソード7が付いていない理由

新しいスターウォーズフォースの覚醒>の公開日が2015年12月18日に決定しましたね。

エピソード3が最後だろうなぁと思っていた私にとっては、今からワクワクしております。

でも、今回ちょっと気になっているのが「エピソード7」が宣伝ページやタイトルに全く表示されていないことです。

これには、ある理由があるそうです。

<スポンサーリンク>

「エピソード7」が付いていないのはディズニーの戦略

スターウォーズを知っている、または観たことがあるのは、今や30代以上のおっさん世代である。

今の20歳前半の人たちに「スターウォーズ、観た事あるー?」って聞いても、大半が「無い」「聞いたことはあるけど、観ようとは思わない」という答えが返ってくるのだ。

さらに「エピソード7」と表示してしまうと、スターウォーズを観たことが無い人達は「新しいスターウォーズ観る為に、エピソード1~6見なきゃならんのか」となり、敷居が高くなってしまう。こうなると映画館に足を運ぶ年齢層が絞られてしまい、売り上げの減少にもつながる。

そのため、新作スターウォーズでは「この映画は、ここから見ても楽しめる作品ですよ」という意味を込めて、わざと「エピソード7」の表示を隠しているそうだ。

その証拠に、スターウォーズの最新情報が分かるフェイスブックページを見ると、どこにも「エピソード7」の表示はされていません。

スターウォーズフォースの覚醒エピソード7【出典】facebookスターウォーズ

スターウォーズフォースの覚醒エピソード7【出典】facebookスターウォーズ

「エピソード7」と表記しないことで、まだスターウォーズを観たことが無い層に幅広くアプローチを仕掛けることが出来る。今回のディズニー側の戦略だそうです。

従来のファンは大切にしている作品

「新しいスターウォーズですよ」という意味がありながらも、中身はしっかりエピソード7になっているらしく、従来のファンを大切にした作品でもあるようです。

その証拠に、ウィングXやミレニアムファルコン号もしっかり登場してますよね。私も予告動画観た時に「!!!」って感じましたもの。映像の感じや雰囲気も、エピソード4~6からスムーズに入れるように工夫していますね。

日本公開は2015年12月18日!

スターウォーズフォースの覚醒エピソード7日本公開日

そして1番気になるのは日本公開日。予告編見ると「2015年12月」と出ていますが、今までのスターウォーズだと日本では4~5か月遅れて公開されておりました・・・が!

スターウォーズフォースの覚醒エピソード7日本公開日【出典】facebookスターウォーズ

フェイスブックページで日本語サブタイトル公開と同時に、「2015年12月18日ロードショー」と公開日も明記されておりました!多分、世界同時上映っぽいですね。

スターウォーズをまだ観たことが無い人へ

スターウォーズは、初公開からもう30年以上も経過している古い映画です。ですが、今観てもやっぱり面白い。

何が面白いかって、スターウォーズはいろんなキャラクターが出てきますが、それぞれ個性が強くて、それぞれにしっかりとしたストーリーとドラマがあることです。最近はCG技術の進歩で映像は美しくなりましたが、キャラクターを引き立たせる演出ってそれとは別だと思います。

スターウォーズ、エピソード4~6は映像が古いですが、今の20代の方が見ても十分楽しめる映画だと思います。

Pocket
LINEで送る

<スポンサーリンク>
◆いいね!で更新情報のお知らせが届きます◆

このページの先頭へ