自分では気付かない!スメルハラスメントと対策

スメルハラスメント対策

スメルハラスメント

今はこんな言葉があったんですねぇ・・・。スメルハラスメントとは、体臭や口臭・香水・たばこ・柔軟剤・制汗剤などの強い臭いが、他人に不快感を与えることだそうです。人によってはアレルギー発作を出したり、めまい、動悸、息切れ、呼吸困難、頭痛まで引き起こすこともあるのだとか。

タバコや香水などは論外ですが、体臭や口臭など自分が発する臭いって、自分じゃ分からないものです。恐ろしや。

今日はスメルハラスメントを掘り下げて、対策についても調べてみました。

<スポンサーリンク>

臭いの気になる人は5割

マイナビニュースさんでスメルハラスメント調査、5割が「職場でニオイの気になる人がいる」と回答というネタを見つけたのでご紹介。

500名弱にニオイについてのアンケートを実施した結果、以下の通りだったらしい。

スメルハラスメント調査【出典】マイナビニュース

気になるニオイの大半が、汗、口臭、タバコ、脇のニオイ、香水のようです。

ウチの会社でも超大酒のみのヘビースモーカーのオジサンがいますが、常に何らかの臭いを発しています。営業職だから仕事として気を付けるべきだと思うが、本人は全く気にしていない様子。自分では気付いていないのでしょう。

タバコを吸わない人にとっては、ちょっとしたタバコの臭いにも敏感になります。かといってスモーカーさん達に面と向かって言える人はごく少数なので、スモーカーの大半は気付いていないのでしょうけど。

口臭も、ワキガ、香水も同じですね。臭いはその人のデリケートな部分ですので、ズバリ言えない。でも我慢するのは苦しい。うう、自分が臭っていないか心配。恐ろしや。

ニオイのシチュエーション

ニオイのシチュエーション【出典】マイナビニュース

ニオイを感じるシチュエーションは、近寄った時に感じた人が圧倒的に多いようです。

そりゃそうだ、遠くから臭ってたらよっぽど凄いニオイの持ち主でしょう。タバコの場合は遠くで吸われてても分かります。

自分で気になったニオイ

自分で気になったニオイ【出典】マイナビニュース

このアンケート結果はなかなか興味深い。

汗、口臭、脇のニオイは自覚が多くあるのに対して、タバコのニオイの自覚は少なく、女性15%、男性21%。他人が気になっている場合は女性35%、男性31%だから、このギャップには驚く。タバコや自分の付けた香水や制汗剤は本人の鼻がバカになっていることで、他人に不快な思いをさせていようなどとは全く自覚がない人が多いようだ。

さらに、足のニオイの自覚者はかなり多いのに対して、外部で気になっているひとはその4分の1以下程度だ。加齢臭なんかは自分でしか気になっていない。他人はそこまで不快なニオイとしては感じていないようだ。


これらのアンケート結果から導き出される、スメルハラスメント対策するべき部分は、『汗』『口臭』『脇』『タバコ』『香水・制汗剤』の5つに絞られる。この5つを対策していれば、とりあえずは他人に不快な思いをさせる可能性は少ないということだ。

スメルハラスメント対策

汗対策

汗のニオイは、食べたものや体質によって汗に含まれる成分が変わります。ニンニク料理食べてる人の汗や体臭って臭いますよね。だから、汗対策としては汗をかかないようにするか、毎日精進料理のようなものを食べていればそれだけで対策になる。

が、毎日お酒を飲みたい、美味しいおつまみを食べたい、ラーメンを食べたい、美味しいパスタを食べたいという人も多いだろう。その場合は、もうサプリメントで補うしかないのである。

よく「○○石鹸で体臭対策」とか見かけるが、汗は体の中からの問題なのでどうにもなりません(キッパリ)。

で、お勧めなのが「臭ピタッ」というサプリメント。

消臭植物成分を体に取り込むことで、体の中のニオイの原因を完全リセットしてくれるという優れもののサプリメントだ。

さらに効果を実感できるまでの期間も、3日~1週間と早い。コストも初回は1か月分1000円、次の月からでも2000円程度と財布にやさしいのが魅力的だ。

口臭対策

口臭対策といっても、いろいろある。

その日食べたものが原因による一時的なものであれば、歯磨きをして市販品のブレスケアを飲むくらいで十分な口臭対策になる。

が、口臭で厄介なのは歯周病による炎症、歯肉炎が原因によるものである。この場合、歯科医院に行って治療や日々のケアのアドバイスを受けることがベストであるが、「そこまでしたくないけど、日々の口臭ケアはしてみたい」と言う人には、歯周病専門薬用プロポリスハミガキを試して頂きたい。

500万本以上売れている超ヒット商品で、子供でも使える歯周病予防、口臭対策の歯磨きだ。通常の歯磨きよりは割高であるが、口内のケア、自分の口臭を気にされる人は試して頂きたい。

脇対策

清潔に保っていれば何の問題も無いのだが、夏だとどうしても汗をかきますからね。薄着にもなると、肌からの汗のにおいがダイレクトに空気中に散乱してしまいます。

日中にシャワーを浴びるわけにもいかないという人は、次のものが有名。

男性用メンズラポマインというプッシュ型のクリームだ。クリームなのにサラサラした使い心地。天然成分由来なので、敏感肌の人でも安心。これを1日1~2回使うだけで、1日中ニオイを97%カットするという優れものだ。

パッケージデザインを普通のハンドクリームのようにした女性専用のラポマインもあるようなので、女性にはお勧めしたい。

タバコ対策

タバコの臭い対策としては、自分で気になるなら意思を強く持って止めるしかありません。

お金も時間も節約できるし、他人にも迷惑がかからない。禁煙は肌の質を保つにも良いです。タバコ吸ってる人の肌って、年齢を重ねるにしたがって劣化が目立ちます。肺気腫や肺がんのリスクも減るので良いことばかりですよ。

ということで禁煙を強くお勧めします。私はタバコを吸わないので真偽は分かりませんが、吸いながらラクラク禁煙!【離煙パイプ】というのを見つけたのでご紹介しておく。

吸いながら禁煙とか・・・世の中そんな美味い話があるんだろうかめちゃめちゃ疑問ですが、私は一人でも禁煙者が減ってくれれば嬉しいです。No More Smoking!

香水・制汗剤

香水や制汗剤については、量を減らすしかありません。これらの成分は化学物質や揮発系成分が含まれているものが多いので、嫌な人には死ぬほど嫌に思われます。特に外食時、たまに香水臭い人が現れますが、本当勘弁してほしいです。あと、柔軟剤の入れすぎも注意。本人は気付いていないケースが多いですが、ニオイに敏感な人は実際に頭痛に悩まされていることもあります。


自分の臭いは自分には分からないものなんですねぇ。怖い怖い。

Pocket
LINEで送る

<スポンサーリンク>

この記事もよく読まれています

このページの先頭へ