TDKのCMに出演してる”菅原小春”って女性ダンサーがやばい!

TDKCMの菅原小春【出典】http://websta.me

「TDKのCMか・・・って、誰このかっこいいダンサー?!」

と朝から凄いダンスを見て猛烈に興味を抱いて調べまくっていました。
菅原小春さん、こんな凄い女性がいたんですね。

CMをまだご覧になっていない方はぜひ1度見てください。
見て損はありませんよ。

TDK×菅原小春CM動画

菅原小春さんの経歴

Wikipediaもでもほとんど書かれていなかったので、菅原小春さんの経歴をざっと調べてみました。

菅原小春

22歳。千葉出身。活動のベースは日本。

幼い事からモーニング娘にあこがれて10歳からダンスを始める。
モーニング娘のオーディションを受けたこともあるほど好きだった。
家族や友達の前で踊ることが好きだった彼女は、踊る事で人が喜んでもらうことが純粋に好きだった。
10代の頃から様々なダンスコンテストで入賞。

Youtubeに投稿したダンス動画がきっかけで、海外から仕事の依頼も来るようになった。
このことが菅原小春のダンスが世に広まるきっかけとなり、韓国の2NE1や少女時代、倖田來未、クリスタルケイの振り付けも行うようになる。

彼女がyoutubeとダンスについて話している動画。

母親がデザイナー、父親はパンタナーであり、ファッションも好む。
雑誌のファッションモデルとしても活躍中。

菅原小春のファッション【出典】websta.me

「お前は性格が日本人じゃないから海外へ行け!」と父に背中を押され、高校卒業と同時18歳の時にロサンゼルスへ渡る。
渡米当時は英語が全くできなくコミュニケーションを取ることが大変だったと言う。
「踊ることでしか自分を表現できないから、ダンスを通じて理解してもらおう」と意識していた。

知り合いのダンサーからダンスワークショップを頼まれ、依頼があれば世界各国どこでもダンスを教えに出向く生活を送る。

ワークショップの一つ、URBAN DANCE CAMPで菅原小春さんが踊っている動画がこちら。
ダンスが凄すぎて観客の靴投げ喝さいが凄い。

2013Fair Play Dance Campの様子。
彼女のダンスを踊っている時の喜びがよく伝わってくる。

また、2015年6月には情熱大陸でレポートされ、「スレマレン・マリク」さんというノルウェー人ダンサーとの恋人がいることも紹介されている。
二人で日本のダンスワークショップで踊っている動画も公開されておりました。
マリク氏が「怖がらないで、自分のパーソンをしっかり出して」と言っています。

CMにも出演するようになる

最近話題になっているTDKのCMを始め、様々なCMにも出演するようになっている。

BOSEのイヤホンのCM。
途中からダンスがどんどん激しくなっていくユニークなCM。

こちらは最近公開されたバーニーズのCM。
菅原小春さんのダンスって、一瞬で引き込まれる魅力を感じますねえ。
CM最後のカットがめっちゃカッコイイ!

【リンク】BARNEYS NEWYORK

こちらは”和製マイケルジャクソン”こと三浦大知とのコラボ。
TVドラマ「ゴーストライター」主題歌の「Unlock」のプロモーション。
最後まで見るとわかるんですが、途中で一切カット入れてないんですよ。
つまり一発撮りです。なのにこの完成度はすごい。

内面:外見にとらわれず、中身が大事

菅原小春さんはアメブロで自分の考えを言葉にしている。
彼女の内面が分かる言葉を引用で紹介します。

どれだけ上手いダンサーでも
才能があるシェフで
すんげーかわいいモデルでも
筋肉もりもりのボディ~ビルダーでも

一番大切なのは、
どれだけいいパーソナリティーでいれるか

当たり前だけど
みんな、みためで人をジャッジする時代だから

中身が空っぽな人であふれちゃう

見た目で人をジャッジする事って
一番かなしくて、弱い人間だとおもう。

ダンスをとうして、
海外を回って沢山のカルチャーのひとにあって、

どんな考えを持ってるかをシェアしてお互いを学び会うことが、

一番の喜び!

【出典】ameblo

日本人は正直になれない国だとおもいます
だって、もし正直になるときらわれるから。

【出典】ameblo koharusugawara

お互いのいいことをほめあって
悪いとこをすぐ話し合える仲間が
リアルでかっこいいっておもいます
いくらそれが失礼だったとしても。

【出典】ameblo koharusugawara

菅原小春さんは「愛が大事、人との出会いがハンパない」と語っています。

目が覚める思いをさせて頂きました。
これからは菅原小春さんを当ブログでも応援していこうと思います!

Pocket
LINEで送る

<スポンサーリンク>

この記事もよく読まれています

このページの先頭へ