美容室はブログ集客を本気でやれば良いのではないか

美容室のブログ集客方法

わたくしの知り合いで美容室を開業した方がいるのですが、「ホームページ作ってもらいました!」「フェイスブックページ作りました」「アメブロでブログ書いてます」と言うので見せてもらったんですが、あまりの酷さに絶句してしまいました。

ちょっと待て。他の美容室のブログってどんなもんかと思って調べてみたら、こういうのとか【リンク】場末のパーマ屋の美容師日記

または検索で調べるとこんなのが上位に。
【リンク】http://ameblo.jp/iidayon/


誰がこんなもん読みたいんじゃ!!

と叫びたくなるくらいのクオリティ。酷い、酷過ぎる。ブログやってる美容師さんたち、どうしちゃったんですか?ブログ村ランキングも見ましたが、全ブログがこんなクオリティのものばっかりですよ。

ですが逆に考えると、美容室業界ではまともなブログ集客がまだほとんどやれていないという証でもあります。もし真面目にやるのであれば、結構な集客をのぞめるんじゃないでしょうか?

<スポンサーリンク>

インチキブログ集客にご注意

とはいえ、やみくもにブログを書けば良いってわけじゃない。その結果がさっき紹介した悲惨でかわいそうなブログ達です。じゃぁ「美容室 ブログ 集客」でネット検索して情報を仕入れようと思っても、エセコンサル崩れの宣伝とか「アメブロで集客しましょう」みたいな時代遅れのインチキ情報商材がヒットする。

美容室ブログ集客検索結果

あんな悲惨なブログを氾濫させている元凶はどうもコイツラ↑らしい。本人は成功体験なんぞ1つも無いのに、本で読んだ知識を糧にコンサルして美容師をカモにしてお金を吸い上げるためのコンテンツばっかり。

自分では何も集客実験などせず、本に書いてあるものをリライトしてあたかも「俺は集客知識あるぜ」と振る舞っている人がまさにエセ・コンサルなわけですが、こういう人に引っかかっちゃいけませんよ。

彼らの無料メルマガ登録した後には、馬の鼻先にニンジンをぶら下げたようなメールがしょっちゅう送られてきて、結構高額な有料コンサルに誘導されたり、有料の集客マニュアルを買わされる流れになっています。これを”バックエンド”と言うのですが、そういうものにほとんど価値はありません。

やる気だけはアップしますが、発行者がインチキだから一番肝心な事が書いてないものがほとんどです。

アクセス数が多い=集客じゃない

アメブロやFC2などの無料ブログ利用者でよく言ってくるのが「ほら、1日1000人くらい訪問者いるんですよ」ってセリフです。これで集客が出来ていると勘違いしている人が多いのなんの。

無料ブログの特徴として、同じブログ内、同じジャンル内のブログ更新ブログを運営側で紹介したりします。これも訪問者であることには違いないのですが、美容室を探してる顧客になりそうな訪問者ではありません。

それに無料ブログの訪問数カウントシステムはかなりあてになりません。訪問者数1000人と出ていても、実際まともに読んでいるのは10人とか。そんなもんです。ブログ集客するためには、顧客になりそうな濃い訪問者を呼び込むことがカギになります。だから、アクセス数が多い=集客とは必ずしも言えません。

美容室のブログ集客方法

美容室のブログ集客方法

ということで、私が思う美容室のブログ集客方法を書いてみる。専門的なことは書かないので、用語や作り方などは各自お調べください。

無料ブログは使わない

インチキ情報、エセコンサルは未だに「アメブロ使いましょう」とか言っていますが、自分に入ってきたブログ集客情報に「アメブロで」「FC2で」「無料ブログで安く集客できる」などの言葉が書いてあったら、インチキ率100%です。

今や無料ブログはグーグルさんからの評価も薄いです。さらに、無料だからいつサービスが終わっても良い状況です。現実に毎月どこかしらの無料ブログサービスがサービス停止していってます。無料ブログを利用することは集客するうえでも将来性ゼロです。

ですので、レンタルサーバーを借りて独自ドメインを取得、ワードプレスでブログを作りましょう。このブログもワードプレスという無料のシステムで作っています。レンタルサーバーは年間12000円、ドメイン代は年間1,000円くらい。それ以外に運用コストはかかっていません。

「ワードプレス?レンタルサーバー?ドメイン?」という言葉で拒否反応起こしてしまうのであれば、ホームページ制作会社に「ワードプレスで自社ブログ作ってください」とお願いすればOKです。多分5万円~10万円くらいでやってくれると思います。

でもお勧めしたいのは自分で作ること。2週間~1か月くらい本とネットの情報を勉強すれば作れます。自分自身の勉強にもなるし、ワードプレスの使い方も分かります。おまけに制作費もかかりません。

人が困っていること、人が知りたいと思っている事について書く

悲惨な美容室ブログを読んで共通しているのが、「自分が売り込みたいものを書いている」「自分が書きたい事ばかり書いている」ってことです。

ちょっと考えて欲しいのですが、ネットで何か情報を調べる時は、自分が知りたいものを調べますよね。自分が知りたかったことが書かれているものを読みますよね。ブログ集客の要(かなめ)はまさにココで、読まれないブログは、自分が書きたいものと、ネットの検索者が必要としている情報が合っていないことです。

ですのでネット集客で書くべきものは、「どこかの誰かが知りたがっている情報について、解決してあげるもの」です。

具体的にはこんな流れ。

「ああ~~、俺、くせ毛でボリューム無いんだよなぁ。いつも行ってる美容室、なんだかんだで変化無いんだよなぁ。
盛岡市でボリューム出してくれるカットやってくれる美容室あるんだろうか?」


「盛岡 髪 ボリューム カット」で検索・・・。



「おっ、「梅雨時期でもボリュームを維持する新しい男性カット | ○○美容室のブログ」というサイトがヤフーの検索上位に出てきた。これをクリックしてみよう!」


「おおっ!具体例も交えて丁寧に解説して書いてある。これ良さそうだな・・。この美容室に行ってみるか」

はい、お客さん一人ゲット。ここで美容室側も顧客に期待以上の満足度を与えられれば、リピーターになってくれます。

こんな感じでいろんな悩みタイトルで解決策提示コンテンツをブログを書いていって検索上位に食い込めば、集客効果がかなり期待できます。300記事も書いていればいろんなキーワードで検索経由で集客出来ます。

この作業を面倒と感じているのであれば、ブログ集客は諦めた方が良いと思います。でも、誰もほとんどやっていないから、しっかり行動すれば割と簡単に集客効果が見込めます。10万円かけて1万枚撒いたチラシの集客効果が0.1%程度しかないことと比較すれば、ブログ集客は大してお金もかからずコンテンツも資産としてずっと残ります。

ちなみにタイトルには情報を探しているだろうキーワードを盛り込むことが大切です。

おわりに

美容室のブログ集客方法
とりあえず、今回はブログ集客の基本と入口だけ思いつくことを書いてみました。本気で説明したら1日じゃ足りないので、今回説明したのはあくまで”触り”だけです。気が向いたら後日もっといろいろ書くかもしれません。

ざっと美容室のブログを見た感じ、どこもしっかり取り組んでいないのでしっかりやるならそこそこ集客できると思います。私が美容師だったら間違いなくやります。何でみんなしっかりやらないんだろうね、もったいない。

もっと言えば、SNSの活用、キーワードの検索の仕方、タイトルの考え方、ホームページへの誘導方法、サイトの見せ方など、もっと集客して成約させるにはいろいろんな要素が必要です。変な情報、インチキコンサル、インチキ情報商材には騙されないでくださいね。


ワードプレスを知るにはこの本が良いです。ちなみにキンドル版しかありません。わたくし、ワードプレスに関する本は結構読んでいる方ですが、全くの初心者が理解するにはかなり苦しいものばっかりです。その中ではこのWordPress Perfect GuideBookが一番まともかと。

Pocket
LINEで送る

<スポンサーリンク>

この記事もよく読まれています

このページの先頭へ