意外に美味かったグァムの寿司屋

グァム寿司

グァム旅行最終日のディナーに選んだのは、意外にも回転寿司

入店前は怪しさ満点と思ってたお店でしたが、満足度は高かったのでご紹介します。

<スポンサーリンク>

グァムの回転寿司・回転焼肉?

グァム寿司屋

僕らが宿泊したのは、タモン地区の北側ホテルニッコー。10分くらい歩くと、DFSギャラリアや、遊園地、アンダーザシーなどの繁華街があります。

その周辺を歩いた人なら分かるはず。・・・回転寿司・回転焼肉とデカデカと書いた怪しいネオン看板。

グァム旅行初日は「絶対ここに入る事はないだろう」と思っていたのですが。ホテルの高くて不味い料理や、脂っこくて量が多い料理に疲れていた僕は「グァムの料理は期待出来なそうだから、ブログネタ優先でいこう」という考えになっていました。

グァム寿司屋看板

「日本人調理師が作るうまい店」というさびれた看板。調理師の写真もありますが、職人という感じではありません。

グァム寿司屋

奥に進むとデデーンと姿を現しました。怪しいw怪しすぎる!!

グァム寿司屋メニュー

当店の創作寿司メニュー。カリフォルニアロール以外は、見た事無いものばかりです。なんですか、ワサビダイナマイトって。

グァム寿司屋メニュー2

入店。日本の回転寿司やと変わらないです。寿司メニューはこんな感じで、一通り揃ってます。日本とほぼ同じやん。

グァム寿司屋皿価格

お皿の絵柄で価格が違います。1皿2.5ドルから、握りは4.6ドルからと、結構高いですねぇ。

しかし、グァムで外食するとなれば、一人30ドルくらいはかかります。ホテルニッコーの日本料理「弁慶」で食べた時は、寿司10貫で55ドルでした。1皿11ドルですよ。

とりあえず食べてみよう。

グァム寿司屋マグロ

まずはマグロ。見た目は普通。

グァム寿司屋マグロ2

おおっ、わさび抜きです。日本人以外だとわさび食べれなさそうですしね。

肝心のお味ですが、シャリは酢がちょっとだけきいている感じです。醤油は甘目でした。日本の100円回転寿司よりは美味い。

グァム寿司屋わさび

わさびは別辛で回ってました。

グァム寿司屋レモン

レモンとライムも回ってます。

グァム寿司屋サーモン

お次はサーモン。ネタが結構大きいです。うむ、なかなか美味い。味と鮮度はしっかりしているネタです。

グァム寿司屋クランキーロール

創作寿司のクランキーロール。ドキドキしながら食べましたが、意外に美味!

天かすみたいのが表面にまぶされて、サクサク食べれます。ネタは塩コショウで味付けされてました。
image

お次にホッキ貝。なんと3貫乗っけてくれました。板さんのサービスです。

日本で食べたホッキ貝よりも、断然美味しく味わえました。寿司にうるさい妻にも「あれ?このホッキ貝美味しいね」と言わせたくらいです。

グァム寿司屋カンパチ

カンパチ、またまた3貫サービス。しかも1ランク安いお皿に乗せてくれてました。これも妻に美味いと言わせていました。臭みが無くて、みずみずしいです。

グァム寿司屋ムール貝巻き

ムール貝巻き。上に乗っかってるソースとシャリに入った胡椒のアクセントがピッタリでした。

うーん、意外と美味いです。

グァム寿司屋赤貝

赤貝。これはホタテとカンパチの刺し盛りがサービスされてました。

どれも臭みが無く、舌触りが良いネタでした。赤貝の歯ごたえもGOOD!

グァム寿司屋アイス

最後に板さんが「サービスでアイス出すけど、食べます?」と聞いてくれたので、ありがたく頂くことに。

普通の抹茶アイスでしたが、心がホッとしました。板さんの気遣いとサービスが素晴らしかったお寿司屋でした。

価格

グァム回転寿司
ちなみにこの他に2皿食べましたが、二人で60ドルでした。お酒は飲まなかったので、その分安くあがりました。

グァムではバーベキューやホテルレストランだと、二人で100ドルが当たり前です。そんな中、まったりと日本食と楽しめたうえに、サービス精神満点の板さんに巡り合えました。僕らにとっては満足なディナーでした。

チップは5ドル渡しました。義務として渡したのではなく、板さんの心遣いに渡したくなったんです。良いサービスには、自然とチップを出したくなるものですね。

Pocket
LINEで送る

<スポンサーリンク>
◆いいね!で更新情報のお知らせが届きます◆

このページの先頭へ