開業医の親へ結婚の挨拶へ行った時のこと

相手が医者で結婚前の両親への挨拶

両親への結婚挨拶、考えただけで心臓バックンバックンしませんか?

ましてや相手の親が開業してる医師だった場合は、一筋縄じゃいかないんじゃないのかなぁ・・・と不安になります。

今日は、僕と周囲の体験を書きます。参考になるか分かりませんが、一つのケースということで。

<スポンサーリンク>

僕の結婚挨拶

僕は普通のサラリーマン、父が会社員、母がパート、妹は普通に結婚。
妻の方は、自身が医師で、お義父さんが歯科開業医、義母が主婦、義弟が歯科医という構成です。

僕から見れば、相手方の家族は絵に描いたような立派な家柄です。

対して僕の場合は、言うなれば雑草。

挨拶に行ったところで「雑草にうちの娘を嫁に出すわけにはいかん!」とか言われて、返り討ちに遭うんじゃないかと心配してました。

挨拶当日

挨拶の日が決まりました。場所は、立派なホテルの中華レストランの個室です。

豪華な料理を食べながらの挨拶だったんですが、味は全く覚えていません。チャーハンとスープを食べたくらいしか記憶に無し。それくらい緊張していました。

会ってみると、とても温厚なご両親でした。料理とお酒を楽しみながら、僕にいろいろ質問してくるという感じです。

「お父さん、お母さんは何やってる人ですか?」「仕事はどういうことをしていますか?」とか、ありきたりな質問でした。

「結婚させてください」と切り出すタイミングが無くて、会食終了間際、お義母さんが気を遣ってその機会を設けてくれました。沈黙の中、ついに切り出す。するとお義父さんは、

反対はしない。でも即答は出来ない。次にもう1度会ったらOKを出そう。

という内定みたいなものを頂けました。

2週間後、妻の実家に再度ご挨拶に伺い、「娘をよろしくお願いします」と言われ、無事に結婚できました。

両親次第

結婚の挨拶が上手くいくかは、相手の両親次第です。ただし、フリーターだとか、金髪でチャラチャラしてるのは除きます。僕の場合は、妻の御両親が温厚だったので案外すんなり進みました。

地位とか身分とか、そういうのはあまり気にしない性格のようです。だから良かったのかな。

でも世の中には、僕のようにはすんなり進まない事があるんです。

聞いた周囲のケース

相手両親が医師の結婚

僕が実際に聞いた周囲のケース。

女医さんが結婚相手(職業はサラリーマン)を開業医の実家に連れていこうとしたところ、「うちの敷居はまたがせない」と言われたそうです。

ある女医さんの実家が開業医で、父親からは暗に「医師と結婚してくれ」とお願いされて、なかなか結婚できないでいたり。

4回ご挨拶に行っても、許しをもらえなかったケース、などなど。

相手の実家が医師・開業医だと、結婚の挨拶で苦労することがあるようです。結婚に身分や見栄を求める親、誠実さを求める親、年収を求める親など、様々です。

大事な娘さんをお嫁に出すのに、慎重になるのは何となく分かるような気がします。でも反対したところで、挨拶にまで行って結婚しようとしているカップルが、結婚を止めることなんてあるのかな。

無いですよね、普通。

Pocket
LINEで送る

<スポンサーリンク>

この記事もよく読まれています

このページの先頭へ