世界一軽いノートPC!レッツノートRZは745gで持ち運びには最強

レッツノートRZ【出典】パナソニックRZスペシャルサイト

VAIOPro13ノートPCを手に入れて「軽い!持ち運びやすい!」と浮かれていたのもつかの間。

パナソニックから新モデルでレッツノートRZが発売されるらしい。重さは世界最軽量の745g。

745gだと??VAIOPro11の770gが追いこされてしまいましたね。興味があるので、詳しく分析してみました。

<スポンサーリンク>

レッツノートRZもうちょい詳しく

レッツノートRZ【出典】パナソニックRZスペシャルサイト

レッツノートRZのイメージキャラクターは比嘉愛未さん。

3本指で軽そうに持ってますね。確かに745gであれば片手でもヒョイッと持てる重さです。

WEB限定でレッツノートRZのCMも公開されています。

タブレットにもなる

レッツノートRZ【出典】パナソニックRZスペシャルサイト

レッツノートRZは、ディスプレイが360度回転してタブレットにもなる。よって当然ながらタッチパネル搭載。マイクロソフトのSurfanePro3みたいですね。

液晶は10.1型WUXGA(1920x1200ドット)だから、ディスプレイの左右にエクセルとワード1個ずつ並べて作業も出来ますね。

キーボード

レッツノートRZ【出典】パナソニックRZスペシャルサイト

わたしが1番気にするキーボードですが、このサイズでもしっかりアイソレーション。矢印キーも独立しているから、これはコンパクトながらもミスタッチがしにくいですね。

おまけにキーボード深度は1.5mm。VAIOProで1.4mmだからそれよりも深い。まだ実機は触っていませんが、しっかりとした押し心地になっていると思います。ちなみにCtrlとファンクションキーの配置が通常と反対ですが、これは設定で自由に入れ替えられるらしいです。良いですね、レッツノートRZ。

Surface3のキーボードだとアイソレーションじゃないから、店舗で触ってみましたがミスタッチが多くなります。キーボードは大事。

CPUは最新のIntel coreM

レッツノートRZのCPU【出典】intel en ethek

レッツノートRZのCPUは、最新IntelのCoreM!

近年はIntel corei3~corei7が主流で、「coreM?何それ?」と感じた人もいるだろう。この最新CPUは、2014年9月にインテルが発表した新ブランド。

詳しく書くと長くなるので割愛するが、最大の特徴は「CoreMでは、従来よりもより薄く、省電力化できる」という点。例えば、今までcorei5を積んだバッテリー型ノートPCの駆動時間が6.9時間だったものが、coreMに変えると8.6時間にまで伸びた試験データがある。

coreMを積んだノートPCは、従来のcoreシリーズPCよりもバッテリーの持ちが良いくなる点が魅力です。このCPUのおかげもあって、レッツノートRZのバッテリー駆動時間はなんと10時間らしい。VAIOProを買ったばかりの自分にとってちょっと痛いニュースです(涙)

【参考】Intel、「Core M」シリーズを正式発表

バッテリーが外せる

レッツノートRZの魅力でもある「バッテリーが外せる」点。

これはビジネスシーンで使っている人にとっては便利。私の使っているVAIOProはバッテリーが外せないから、交換で工場に送れば最低でも3日、最悪1週間はかかる。

ですが、レッツノートの場合はバッテリー取り外しOKだから、予備バッテリーさえ買っておけばそれでOK。工場に送る必要も無し。

USBポート3つ、HDMI、SDカードスロットも

レッツノートRZインターフェース

レッツノートRZ前面

レッツノートRZの凄い点は、USB3.0ポートが3つ、SDカードスロットにMIDIポートも付いている点。

VAIOProだとUSB3.0が2つですよ。パナソニックの開発部門さま、これだけのコンパクト機体にこれだけのポート付けたのは相当頑張ったと思います。ノートPCでUSBが3つもあれば、ほとんどの用途に対応できるんじゃないでしょうか。

相変わらず頑丈

世界最軽量の745gとなったレッツノートRZですが、頑丈さの特徴はしっかり受け継いでます。76cmの高さから落としても壊れません。

VAIOProなら多分一発で壊れそうだな・・・。わたしの友人がレッツノートの工場に見学に行った時、作業員の人から「レッツノートはジャンジャン落として頂いて大丈夫ですよ。絶対こわれませんから」と言ってたそうです。

軽量型のノートPCだと、やっぱり持ち運ぶシーンは多くなると思います。となると、当然いろんな衝撃を受けるシーンも多くなるわけで。その点レッツノートであれば、どこに持ち運んでも壊れる心配が無いわけだ。スマホよりも丈夫じゃないでしょうか。

問題の価格

では最後に、最大の問題である価格。パナソニックストアでレッツノートRZを見積もってみたところ、

1番安い4GBメモリでも消費税込み166,747円(5%割引使用)

メモリ8GBが欲しい場合はプレミアムエディションのSSD256GB仕様の選択肢しかなく、見積もると

最低金額が256,978円(5%割引使用)

た、高い・・・。

SSD128GBのメモリ4GBでこの価格はちょっと高いなぁ。VAIOPro11で同じような仕様で見積もれば112,654円です。そして私が買ったVAIOPro13のメモリ8GBであればワイド保証が付いて16万円切ってます。

レッツノートRZでもSSD128GBで8GBメモリの機体があれば、そっちが結構売れると思うしニーズもあると思うんですが、パナソニックストアを見ると無いんですよね。8GBメモリが搭載されているのは、26万円超えのプレミアムエディションのみになってしまいます。

これはちょっともったいないラインナップですね。メモリの入れ替えはそれほど難しいことではないはずですので、今からラインナップにSSD128GB・8GBメモリ機体を加えてはいかがでしょうか。

レッツノートRZまとめ

レッツノートRZの総括。

  • 世界最軽量の745gは持ち運びに快適。
  • 相変わらずのタフさで壊れにくい。
  • USB3.0ポートが3つも付いている。
  • バッテリーが取り外せるのは魅力。
  • 新CPUのcoreMでバッテリー駆動時間が長い。
  • キーボードがアイソレーションかと深度が1.5mmで打鍵感が良い。
  • 価格が高い!8GBメモリを買うなら最低25万円ほどから。

価格は高いレッツノートRZですが、4GBメモリでも大丈夫な人は買いだと思います。8GBメモリが必要な人は、お金に余裕があるなら迷わず買い。軽くて丈夫、キーボードも打ちやすいしこの上無いと思います。もしお金に余裕が無い場合は、丈夫ささえ求めなければVAIOPro11の方が10万円以上安上がりです。

世界最軽量の745gと耳にして調べてみましたが、レッツノートRZは価格が高かった。こちらがVAIOProより先に発売されていても、価格面からVAIOProを買っていたと思います。

でも、価格さえ気にしなければ、軽さ・持ち運びの快適さ、機能面から見ても最強のノートPCだと思います。これ以上のノートPCは他に無いのでは。お金があったら欲しいです。

>>レッツノート2016年2月10日13時までのキャンペーン詳細

Pocket
LINEで送る

<スポンサーリンク>

この記事もよく読まれています

このページの先頭へ