もう寝違えで苦しまない!正しい治し方があった

寝違えの治し方

寝違えと聞くと、のだめカンタービレでバイオリニストの清良が寝違えて力を発揮できず、コンクールで1位を取れないシーンを思い出します。

私もバイオリンを弾くので分かるのですが、寝違えてバイオリンを弾くのは拷問に近いです。

今後寝違えても苦しまないよう、寝違えの正しい治し方をシェアしておきます。

<スポンサーリンク>

寝違えの正しい治し方

  1. 寝違えで首が痛む側の腕を少しずつ後ろに引き上げる。
  2. 腕を引き上げて、自然に止まったところで20秒キープ。
  3. 20秒経ったら腕を下ろして、同じことを2セット。
  4. 痛む側の手のひらで真後ろのベルトの真ん中を軽くおさえる。
  5. そのまま肘を後ろに引いて20秒キープ。これを2セット。
  6. 痛む側の手を肘角120°でバンザイする。
  7. その角度のまま腕を軽く後ろに引いて20秒キープ。これを2セット。
  8. 最後にバランスを取るために逆側の腕で、各運動を1セットずつ。

【出典・引用】寝違えの原因は首じゃなくて脇!?意外と知らない寝違えの正しい治し方!!

マンガ「ゴットハンド輝」に正しい治し方が紹介されていました。文章だけだと分かりづらいですが、、上記リンク先の画像を見ると分かりやすいです。

自分で試してはいませんが、実践した人は「本当に治った」という声が沢山出ているようです。

これでもう寝違えは怖くありませんね!

寝違えの原因

そもそも、なぜ寝違えが起こるのでしょう?Wikipediaでは3種類の原因が挙げられています。

  • 睡眠時の姿勢が問題で、首の関節や筋肉にかかっていた負担が原因の場合
  • 慢性的な肩こりやリウマチが原因の場合
  • 横向きで寝る場合に枕と肩の高さが合わない場合

やっぱり寝る時の姿勢や枕が原因のことが多いようです。

江戸の枕
【出典】和更紗図譜

江戸の人達はどれだけ寝違えに苦しんだんしょうね。

Pocket
LINEで送る

<スポンサーリンク>
◆いいね!で更新情報のお知らせが届きます◆

このページの先頭へ