私はオンラインゲーム廃人寸前までいったことがある

ネットゲーム廃人

オンラインゲーム中毒・ネトゲ廃人をご存知でしょうか?オンラインゲームにはまりすぎて、中毒化して廃人のような生活になることです。

実は私は、ネットゲーム廃人寸前までいったことがあります。
今思い出すととんでもない生活でした。

<スポンサーリンク>

オンラインゲームって?

オンラインゲーム画面

ネット回線に繋いで楽しむゲーム。他人とチャットをしながら、対戦したり協力してゲームを楽しめる。有名な作品として、ファイナルファンタジー11、ラグナロクオンライン、モンスターハンター等。

10年ほど前から収益性と需要に火が付き、グリー、パズドラで有名なGunhoの急成長は有名である。

オンラインゲームにはまった芸能人

元モーニング娘の後藤真希がモンスターハンターにハマっているのは有名です。

 

  • ”長い付き合いの友人によれば「ずっとゲームをやっていて、長い時で30時間ぐらいぶっ続けでやっている」という。
  • ”食事は、遊びに来る友達とかに頼んで買ってきてもらったおにぎり1個とかお菓子で済ませてたり。
  • ”モンスターハンター3(トライ)』に関してはプレイ時間3000時間、キャラクターも6体作るほどやりこんでいる。
  • ”仕事に復帰しているような様子は全くない。
  • ”後藤の近況を探ると、色気のかけらもない生活。

【参考リンク】NAVERまとめ モンハン3を7000時間…芸能活動休止の後藤真希が引きこもりゲーム廃人になっていた

他にもキンキキッズの堂本光一さんもかなりのゲーマーらしい。早く帰ってゲームをしたいので、仕事を颯爽とあとにする日もあるのだとか。

気持ちはわかる、私もそうだったんだ

ここからは私のケースです。

はじめは同じアパートに住む友人に誘われ、「1か月間無料」ってことでお試し気分でやってみることに。

ちょっとやってみると、オンラインゲームが今までのゲームには無い斬新なものであることにすぐ気が付きました。

ゲーム内では新しい人と出会えるし、いろんなギルド(目的を同じにしたサークルみたいなもの)に入ってイベントに参加できます。1番楽しくて感動を覚えたのは、あかの他人と仲間になって冒険をし、ボスやイベントをクリアすると仲が深まっていくことです。

ゲーム内のキャラクターが強くなればなるほど、いろんな人から羨ましがられ、「仲間になってくれませんか?」など声をかけられることが多くなります。誰かに必要とされている感覚を味わえるのです。

オンラインゲームには”クリア”がない

オンラインゲームには、”クリア”がありません。運営側のアップデートによってマップが追加されたり、新しいイベントが起こったり、レベルも無制限だったりします。終わりが無いから、1度ハマってしまえば自分が飽きるまで辞められなくなります。

辞められなくなる理由は、ゲーム内で出来た仲間の存在も大きいです。「自分がログインしないと、他のメンバーが冒険に出れなくなって迷惑がかかってしまう」という事態になるのです。

こうして終わりのない仮想世界で、誰かに必要とされる喜びと、お金と時間をかけた分だけ強くなり羨ましがられる快感に酔いしれる為に、何時間もプレイしてしまうことになります。

気が付いたらこんな生活に

オンラインゲームを始めて3か月経過したころ、仕事をしてても楽器を弾いていても、考えることはゲームのことばかりになっていました。

仕事もさっさと切り上げることだけに集中して、帰ってすぐにやることはPCの電源をONにすること。ゲームをしながら弁当を食べ、途中15分だけシャワーを浴びて、寝るのは夜1時~2時頃。

休日はバイオリンの練習1時間とご飯・トイレ以外はずっとゲーム。15時間くらいはやっていたと思います。GWや年末年始もゲームの為にひたすら家にひきこもり。

気が付いたら、こういう生活を2年も続けてしまいました。現実世界よりも、仮想世界の方が努力が報われやすくて楽しいと思えるほどに。

「これじゃ自分がダメになってしまう」と思い、何度も止めようとしましたが、全て失敗に終わりました。恐るべき中毒性です。

この頃は脳が完全に麻痺したような状態でした。人とスムーズに話すことが出来にくくなり、ご飯を食べる事や外出する事、仕事まで面倒に感じるようになっていました。

もはやネトゲ廃人寸前です。

病気をきっかけに止めた

ある日右腕全体に鋭い痛みを感じました。首周辺から肩甲骨にかけて痺れとダルさが慢性的症状に。

原因は胸郭出口症候群でした。PCを触ると悪化したので、これを機に現実に戻ることが出来ました。ゲームを止めた後でも、あの快感と興奮は5年ほど忘れることが出来ませんでした。

結局6年以上も胸郭出口症候群に苦しむことになったのですが、今では完全に克服できました。今となってはオンラインゲーム中毒になったことも、胸郭出口症候群にかかったことも結果オーライだと感じています。

本当のネトゲ廃人はすさまじい

私の場合はこんな感じで、他人に迷惑をかけることは殆どありませんでした。しかし世界では深刻な問題になっているケースもあるようです。

 

  • 息子は3年前に高校を卒業して大学に入学したが、オンラインゲームにのめり込み 授業を休むようになり、学校から除籍された。
  • ゲーム中毒者は、ゲームと現実の区別が付かなくなるケースが多い。
  • 剣を使う格闘ゲームにはまった米国名門大学の中退生が「最初に出会った人を殺そう」と 思い立ち、ソウル市瑞草区蚕院洞で通り魔殺人を犯した。

【NAVERまとめ】【韓国】オンラインゲーム中毒…中毒者の暴力・自殺・殺人が社会問題に

  • 韓国人夫婦、生後三ヶ月の娘を餓死させる。
  • ゲームのやりすぎを注意され、中学3年の男子生徒(15)が母親(43)を絞殺し、首つり自殺した。
  • ネットゲームのやりすぎを注意されキレた男性が実母を殺害。
  • ネットカフェでゲームに没頭、トイレで赤ちゃん出産し殺害。
  • オンラインゲームをするために生まれてくる子どもを次々と売った残酷夫婦。

【NAVERまとめ】ネトゲ廃人が引き起こした事件 海外ネトゲ依存症

さらに現代の日本でも

スマホの普及により、24時間どこでもネット環境を手にする事出来ました。オンラインゲームはビジネスになるので、もちろん沢山のメーカーが参入。

中でもグリーやパズドラの愛好者は多いのですが、やはり中毒者が生まれているようです。

どうしたものかほんとに
うちの5年生ダンスィがパズドラ中毒みたいになってしまった
帰宅すると食事・風呂・宿題の時以外はずっとやっている
慌てて取り上げたら今までにない態度で取り返そうと暴れてしまうし
担任の先生に相談の上、土曜日に心療内科に連れて行きます

【参考リンク】ぱぱままログ

働かずパズドラ中毒な彼氏について。
毎日毎日来る日も来る日も彼氏はパズドラばかりやっています。

【参考リンク】Yahoo知恵袋

パズドラ中毒の夫に我慢の限界です。 夫のパズドラのハマりっぷりが尋常じゃなく…

【参考リンク】Yahoo知恵袋

パソコン画面よりも現実の方が楽しいのだ

美しい自然

私はたまたま病気になったおかげでオンラインゲーム中毒を抜けることが出来ました。今ではゲームのやる気は全く起こらなくなりました。ゲームをするよりも、情報発信をしたり、自然の風景を眺めたり、実際に他の人と触れ合ったりする方が何倍も楽しいと感じます。

現実世界はこんなにも思い通りにならなくて、悪いニュースばかり流れています。行動を起こす煩わしさ、成功へ向けての難しさにおいてはピカ一の世界だと思います。だからこそ、失敗を続けてもこの世界で誰かの役に立ったり、人から認められたり、感謝された時に味わえる感動と喜びは、仮想世界で味わうものとは比べものになりません。

現実世界の空はこんなにも高く、自然は美しいです。こっちの世界を必死に生きることは、楽しく素晴らしいです。

Pocket
LINEで送る

<スポンサーリンク>
◆いいね!で更新情報のお知らせが届きます◆

このページの先頭へ