盛岡さんさ踊りの有料観覧席って実際どんな感じなのか?

盛岡さんさ踊り有料観覧席

盛岡さんさ踊りには有料観覧席スペースが設けられています。

人ごみから解放されてゆ~ったり見れるメリットがある有料観覧席。
実際の見応えはどんな感じなのでしょうか?

<スポンサーリンク>

盛岡さんさ踊り有料観覧席から見たイメージ

盛岡さんさ踊り有料観覧席イメージ

観覧席から見るとこんな感じです。上記写真は席の中ほどから撮影したもの。有料観覧席の前には、路肩観覧スペースと歩行者通路があります。

踊り手が通るスペースまでの距離はざっと15~20メートルくらいはあります。視力に自信が無い人はメガネ必須。

日中にイメージ撮影してみた

有料観覧席の最前列と、最後列のイメージも欲しいと思ったのでイメージ撮影をしてきました。

観覧席設置工事中だったので、さすがに上るわけにはいかない。なので地面での撮影です。観覧席は高さ1.5メートル~2メートルくらいの為、もうちょっと見晴らしは良いと思います。

有料観覧席最前列(席の一番前)

盛岡さんさ踊り有料観覧席最前列

最前列だと踊り手はそこそこハッキリ見ることが出来ます。ですが、道路の向こうの踊り手はよく見えません。

観覧席を買うなら、個人的には最前列がオススメです。

有料観覧席最前列(席の一番うしろ)

盛岡さんさ踊り有料観覧席最後列

観覧先の1番後ろから見るとこんな感じです。高い場所から見れるとはいえ、結構距離がありますね。

路肩の観覧スペース(無料・早い者勝ち)

盛岡さんさ踊り無料観覧スペースイメージ

路肩で見るとこんな感じです。踊り手の表情や動きをしっかり見ることが出来ます。

4番の踊りは「礼」の動きがあるのですが、サービス精神旺盛な踊り手だと、路肩の観客に向かって「礼」をしてくれたりします。

盛岡さんさ踊りをビリビリ感じたいのであれば、どうしても路肩で見る必要があります。そのかわり、スペースは早い者勝ちです。

有料観覧席の詳細

盛岡さんさ踊り・有料観覧席は盛岡さんさ踊り実行委員会で販売しています。(2013年度分は売り切れてます)

公式ホームページで申し込み方法等が載っています。

入場は17時から、小雨決行です。雨天中止になった場合、盛岡市民文化ホールで選抜メンバーにより盛岡さんさ踊りを披露します。

有料観覧席の販売は毎年6月初週の月曜日から、1名2,000円です。

一般販売枠は500席くらいです。早い段階で売り切れるので、観覧席でゆっくり見たい人はお早めに!

さっこらちょいわやっせ

個人的にオススメするブロックは、踊り手の緊張がほぐれてノリが良くなるA~Cブロックです。

でも、有料観覧席がある地帯では踊り手はまだまだ元気なので、どのブロックでも力強いパフォーマンスを見ることが出来ます。

さんさ踊りはかなりハードな運動量ですので、ゴール近くでは超ヘロヘロです。そういう姿を見るのも面白いんですがね(笑)

Pocket
LINEで送る

<スポンサーリンク>

この記事もよく読まれています

このページの先頭へ