【ネタバレ無し】ゼロ・グラビティの感想

ゼロ・グラビティ感想ネタバレ無し

ゼロ・グラビティを観て来ました。

観終わった率直な感想、また味わいたい!これぞ3D映画!と感じました。

今回はまだ観ていない人の為にネタバレ無しの感想です。

どうぞ安心して先をお読みください。

<スポンサーリンク>

ゼロ・グラビティの感想

最初、大したことない映画かな~とタカをくくってましたが、かなり度肝を抜かれました。

なぜタカをくくってたかっていうと、上映時間が91分(約1時間半)だからです。

最近の面白い見ごたえある映画って、120分くらいのものが多いと感じています。レンタルビデオ店に行くと、B級映画の多くは上映時間が90分台です。だから、「ゼロ・グラビティ、もしかしたら・・・」なんて思っていました。

でもそんな心配はどこへやら!

超充実した91分間!まるで2時間映画を見てたような充実感を味わうことが出来ました。中だるみすることが無く、最初から最後まで恐怖と緊迫感が続いて、無重力の世界に引き込まれてしまう映画です。

ゼロ・グラビティは絶対3Dで観るべし

ゼロ・グラビティネタバレ無し感想

これからゼロ・グラビティを見る人は、絶対に3Dで見て下さい。
今回の映画は、ただ飛び出すものを見る映画ではありません。

宇宙の無重力を体験・体感する映画です。

映画「アバター」の大ヒット以降、3D映画作品が増えました。でもその多くは「3Dにした意味があるのだろうか?」「アバターのような感覚は味わえない」と感じていました。

なぜなら、3D映画には2種類あるからです。

  • 2D作品を単純に3D化しただけの映画
  • 3Dで見る為に作られた映画

ゼロ・グラビティは完全に後者の部類に入ります。ディズニーやUSJのアトラクションで「3Dメガネをかけてください」というものがありますが、これと同じです。3Dはアトラクションを構成するうえで不可欠なものです。もし3Dアトラクションを、3D無しで観たらどうでしょう?きっと面白さは伝わってきません。

ゼロ・グラビティも3Dアトラクションと同じで、3Dで見ることで「ゼロ・グラビティを観た」と言えるような作品です。

もしあなたがアバターを3Dで観た感動を覚えているなら、ゼロ・グラビティを観ることで同じ感覚を味わうことが出来ます。そう、

映画の世界に自分が入り込む感覚!

この感覚を味わったのはアバター以来です。こういう3D作品を待っていたのですよ。

ですのでこの映画は、映画館で3Dで観れるうちに行ってください。

無重力の恐怖が襲ってくる

ゼロ・グラビティネタバレ無し感想

僕は無重力を体験したことは無いのですが、この映画を観ると重力のありがたみが分かります。無重力がこれほど恐ろしいものとは思いませんでした。

僕らの無重力イメージといったら、宇宙空間でゆっくり漂ってたり、宇宙船の中でフワっとしてるシーンを思い浮かべます。でもゼロ・グラビティの場合はそんな生易しいものではない。

無重力と宇宙の恐怖を知る事になります。

あとは映画館でじっくり楽しんできてください。

重要なことなのでもう1回書きますが、
ゼロ・グラビティは絶対3Dで観ましょう。

近くに3D対応の映画館が無い人は、多少遠出をしてでも3Dで観た方が良いです。

Pocket
LINEで送る

<スポンサーリンク>
◆いいね!で更新情報のお知らせが届きます◆

このページの先頭へ