光学ドライブ付きで929g!2015年レッツノートの秋冬モデル新作「SZシリーズ」が登場!

レッツノート2015秋冬モデルSZシリーズ(via :panasonic ret’snote sz5)

2015年10月7日にパナソニックが公開したレッツノート2015年秋冬モデルに世界最軽量の「SZシリーズ」が新シリーズとして登場。

新作のSZシリーズは従来のレッツノートとどこが変化したのか、ポイントを絞ってご紹介しよう。

DVDドライブ付きで重量929g世界最軽量を実現!

レッツノート2015秋冬モデルSZシリーズシルバー(SZシリーズシルバーモデル)

レッツノート「SZシリーズ」の目玉は、光学ドライブ付きで重量を世界最軽量の929gまで落としたこと。

今までの光学ドライブ付きレッツノートのSX,MX,LXシリーズだと、どんなに軽くても1.2kgはあった。
しかしそこから200gも軽量化したことで、ウルトラブックとしての持ち運びはさらに負担が軽くなる。

さらに光学ドライブは、DVDだけでなくブルーレイモデルも投入されている。

SZシリーズは軽量化してもレッツノートの良さは全て継承している

「軽量化した分、今までのレッツノートらしさが失われてたり、仕様を省いているのでは?」
と思われるかもしれないが、その点は全く心配はいらない。

その理由をこれからご紹介しよう。

レッツノートの「頑強さ」は継承

従来からの特徴である「頑強さ」は従来シリーズを維持していて、76cm落下試験、満員電車でも耐えられる100kg耐性も継承している。

USB3.0ポートは3つ!LANポートVGA,HDMI入力端子も

レッツノート2015秋冬モデルUSBポートLAN(SZシリーズのポート仕様外観)

さらに素晴らしいことに、USB3.0ポートが3つ、LANポート、SDメモリースロット・VGA端子・HDMI端子・207万画素カメラが標準で搭載されている。

これだけの外部入力ポートがあれば、パーソナルユース・ビジネスユースで困ることは全くと言って良いほど無いだろう。

※(写真解説にSDメモリースロットの記載が抜けておりますが、搭載されています)

ディスプレイサイズも12.1インチのまま!

2015秋冬モデルレッツノートSZシリーズブラック(秋冬モデルSZシリーズブラック・12.1インチディスプレイ)

2015春から登場したRZシリーズは、軽量745gとはいえディスプレイサイズが10.1インチだった。

しかし新作のSZシリーズでは、レッツノートのスタンダートな特徴である12.1インチディスプレイを採用。
高解像度のWUXGA(1920×1200ドット)でフルHDにも対応している。

さらに、従来のパネルは縦横比が16:9であったが、SZシリーズでは16:10と少し縦に長くしている。
これにより、ワードやPDF文書などの視野がより広くなった。

LTE対応モデルのSIMポートはMicroSIM対応に!

2015夏のLTE対応モデルでは、現在はほとんど普及していないBasicSIMポートだったため、現在の標準SIMと言えるmicroSIMの場合はアダプターが必要だった。

しかし2015秋冬モデルのSZシリーズでは、SIMポートがmicorSIMとなった。

16GBメモリーモデルも登場

レッツノート2015秋冬モデルSZシリーズメモリ

従来までのレッツノートでは内臓メモリーが8GBまでだったが、2015秋冬モデルのSZシリーズからは16GB内臓モデルも登場。(プレミアムエディションに限る)
さらに全タイプのCPUはCorei7-6500Uの高速仕様だ。

OSの立ち上げやソフトの起動が高速のSSDも512GBまで選ぶことができるため、複数のアプリケーションを同時に立ち上げて作業をしていても、PCの動作が鈍る可能性が一段と低くなった。

3年保証・

SZシリーズはこれだけの仕様でありながら従来よりも低価格に!

2015秋冬モデルレッツノートSZシリーズの価格

嬉しいことに、SZシリーズでは今までのレッツノートよりも価格が下がったことだ。

今まではレッツノートを購入するとなると、30万円以上、ハイクラスだと36万円の出費は覚悟する必要があった。

しかしSZシリーズは、SSD256GB・Corei7・メモリ8GBの仕様でも約27万円、LTEモデルでも約29万5千円と30万円以内でハイクラス仕様が購入できる。

SZシリーズの注文は受付中、出荷開始は2015年11月上旬から

2015秋冬モデルレッツノートSZブラック

2015秋冬モデルはSZシリーズのみならず、全てのモデルも秋冬モデルにチェンジし、10月7日から注文を受け付け中。
今回ご紹介したSZシリーズは11月上旬からの出荷開始で、他のモデルは10月下旬から開始するものもある。

今回のSZシリーズはDVDドライブ付き.ディスプレイサイズが12.1インチでありながら929gの軽量化、価格も安くなったことで、注文の殺到と納期遅れが予想される。

秋冬モデルのレッツノートを心待ちにしていた方や、ウルトラブックの買い替えを考えていた方は、ぜひ新作のSZシリーズを手にしてはいかがだろうか。
パナソニックWebストアには、量販店で扱っていないプレミアムエディションがあるのは魅力的だ。

>>現在開催中のレッツノートプレミアムエディションキャンペーン詳細

2015年11月9日追記:
レッツノートSZ5を購入して使い倒してみました。レビューをじっくり書いていますので、ご参考にどうぞ。

【リンク】レッツノートSZ5購入!使い勝手を徹底レビュー

Pocket
LINEで送る

<スポンサーリンク>
◆いいね!で更新情報のお知らせが届きます◆

このページの先頭へ