鉄神ガンライザーとさんさ好みのコラボ記事制作の裏側

鉄神ガンライザーとさんさ好みのコラボ記事

先日、岩手のご当地ヒーロー”鉄神ガンライザー”のPRコラボ記事を書かせて頂きました。

おはようございます、さんさ好みです!あの”岩手のご当地ヒーロー”が・・・、http://sansakonomi.com/blog/gunlyzer1

Posted by さんさ好み on 2015年10月24日

マイナージャンルでのコンテンツですが、読んで頂いた方にはそこそこ楽しんで頂けたようでちょっと安心しています。

会話・物語風コンテンツに挑戦しました

ガンライザーの胸のマーク

鉄神ガンライザー会話コンテンツ

最近私たちの業界では「キャラクター設定して、会話調を入れた方が精読率が高い」と言われるようになってきているので、さんさ好みブログでもこれにチャレンジしてみることにしました。

とはいえ、ガンライザーがさんさ好みの練習に来ることを知ったのは練習日当日で、たまたま持って来ていた買いたてのデジタル一眼レフで手当たり次第にいろんなシーンを撮りまくって、写真を見ながら強引にストーリーを作り上げてます。

コンテンツのPRポイント

鉄神ガンライザーのさんさ太鼓マーク

鉄神ガンライザーがさんさ好みの練習に来た目的は、11月7日の東京のイベントに使うPRシーンの撮影の為だそうです。

特に、「胸のマークは盛岡さんさ踊りの太鼓の模様なんだよ」という事を知って貰いたかったからと聞いていたので、コンテンツでもこの部分を強調しています。

さんさ好みの団スタイル

さんさ好みの団スタイル

代表の千花子さんの「盛岡さんさ踊りが好きなら誰でも入れる団体なので」という部分は、さりげなくさんさ好みのスタイルをPRしています。

経験年数とか、どこの団体でやってたとか関係ない。
さんさ好みは自由な団体として、新しいさんさの可能性にもどんどん挑戦したいし、向上心を忘れずに成長したい。

【引用】さんさ好み代表 藤本千花子 「さんさ好みと繋がっている全ての皆様に感謝」

団内の人には分かる部分

鉄神ガンライザー奥さん

基本的に内輪盛り上がりみたいなコンテンツになることは避けるようにしているんですが、今回は特別に団内の人はおそらく「おっ」と思うだろう部分を入れています。

このお二人、実は新婚カップルなんです。

なぜ奥様を登場させたかの理由は、二人で写ってる写真が多かったですし、新婚ホヤホヤカップルを登場させることで「メンバー内でもいいね!を押してくれる効果が期待できそう」と思った事。
とはいえ、実は私が単に「何とかして登場させたいなあ」という気持ちが9割くらいです。

面白系ネガティブ要素も

20151025016

何か違った要素を入れて、一瞬だけ雰囲気を変えて飽きが来ないようにしたいと思って撮影写真を見返してたら、ちょうど哀愁漂う表情をした男性メンバーの写真を発見。

鉄神ガンライザーが入団して色めき立ってる雰囲気に、ネガティブ調のものを入れてみることにしました。
この部分が挿し込まれることで、ちょっぴり雰囲気を変えることが出来たと思います。

20151025018

↑はたまたま上手く繋がりましたね。写真撮りまくってて良かった。
本当は1枚目の後ろで立って見ている写真も、2枚目のポーズと同じだったらもっと面白かったんでしょうけど。これが心残りです。

ちょっとネガティブキャラで登場していますが、ご本人は明るくて真面目で凄く練習熱心ですよ。
菅野さんの盛岡さんさ踊りに対する気持ちを書いたものもあるので、ぜひご一読ください。

【リンク】菅野 剛英 「さんさを通してこの上ない幸せと生きている実感を沢山の人達に伝えたい」

落ち

20151025019

コンテンツの落ちをどうしようかは結構悩みましたが、それまでもてはやされてたヒーローをちょっと落として「母の愛情と温もりは強い」でいくことにしました。
果たしてこれで良かったかは分かりません。落ちの部分はもの凄く悩むし正解がありませんからね。

コラボコンテンツ作りは楽しい

鉄神ガンライザー

個人的にはコラボレーションは大歓迎です。
普通では手に入らない調味料が手に入る事で、上手くいけば美味しい料理が作れるような感覚になります。
このコンテンツ制作をしている時は、一人でニヤニヤしながら書いていました。

こういったコラボのご提案やご依頼あればご協力しますので、ぜひ一声おかけください。

おはようございます、さんさ好みです!あの”岩手のご当地ヒーロー”が・・・、http://sansakonomi.com/blog/gunlyzer1

Posted by さんさ好み on 2015年10月24日

Pocket
LINEで送る

<スポンサーリンク>

この記事もよく読まれています

このページの先頭へ