文鳥が魚好きな理由は?遺伝子に刻まれた記憶?

文鳥が魚好きな理由

文鳥って魚好きじゃありませんか?

我が家の文鳥様は魚を焼くとケージの中で騒ぎ立てるばかりか、放鳥すると皿に置いたシシャモを食いちぎって逃げていきます(笑)海苔も大好きで、見るとすぐに寄って来て持ち去ろうと必死です。海産物が好きなんでしょうね。

同じような文鳥の飼い主がタフー知恵袋に投稿してましたので、ウチだけじゃなさそうですね。

【リンク】うちの文鳥は海産物まっしぐらなんですが、これは普通でしょうか?

なぜ文鳥は魚が好きなのか?

魚を食べる文鳥

なぜ文鳥は魚好きなのでしょうか。

文鳥の写真家で有名な伊藤美代子さん著の「ザ・文鳥」の本によると、

文鳥の業者が魚の粉末を餌に混ぜて育てて時代があり、その習慣が現代の文鳥の記憶にも刻まれていると思われる。

【引用】ザ・文鳥(伊藤美代子 著)

なんてことが書かれていました。

また、別の本によると、

「自然界の文鳥は幼鳥の頃に虫などの動物性タンパクを親から与えられて育つ。成鳥になって植物性餌しか与えられていないケースが多い為、動物性タンパクへの欲求を持っていることも考えられる」

とのこと。

文鳥は植物からタンパクを体内で合成する力がありますが、それでも人間と同じで動物性タンパクを食べたくなったりするんでしょうね。
「成鳥になっても週1回は卵黄を与えても良い」と書かれていましたし。

つまり文鳥が魚好きな理由は、

  • 魚粉を与えられて飼育されていた時代があって遺伝的な記憶に刻まれている
  • 動物性タンパクを摂取したい欲求があること

今はこの2つが有力な意見のようです。

週に1~2回煮干しを与えてます

煮干しを食べる文鳥

ということで、我が家の文鳥様には週に2回、煮干しを与えてます。
煮干しを見た瞬間狂喜して、私の手から煮干しを奪い取ってケージの中に自分で入ってムシャムシャと夢中になって食べています。

この時だけは野獣のような目つきになります・・。

食塩や保存剤を使っていない煮干しが良い

食塩保存剤無添加煮干し

与える煮干しには気をつかってますよ。
普通の煮干しは塩気や保存剤が使用されています。これだと文鳥の健康に悪いと思われるので、食塩・酸化防止剤無添加の煮干しを食べさせています。

私も食べてみましたが、純粋な魚の味しかしません。これ、素晴らしい煮干しですねぇ。
「サカモト煮干し」というもので、名古屋の会社が製造しているようです。

サカモト産煮干し

にぼしに酢や甘酢をかけるとカルシウムの消化吸収が助けられるのか・・なるほど。
そして2月14日って煮干しの日だったんですね。「2(に)」と「4(し)」はすぐに分かりましたが、「1」は何で「ぼ」になるんだ?と思いましたね?

「1」は「棒」を表しているので「ぼ」になるそうです。

私はこの煮干しをスーパーで見つけて買いましたが、アマゾン・楽天でも売ってました。
犬猫用としても食べられているようです。

Pocket
LINEで送る

<スポンサーリンク>

この記事もよく読まれています

このページの先頭へ