ドコモのケータイ補償はドコモショップに行かなくてもネット手続きできる

ドコモのスマホケータイ補償はネット手続きができる

旅先のシンガポールで突然起動しなくなったドコモのXperiaZ3Compact。

帰国してからドコモショップ行くの面倒だな~と思っていたんですが、調べてみたらドコモのケータイ補償はネットで手続きが出来るんですね。

つまり、ケータイ補償サービスに加入していて「スマホ壊れたー!」という事態になった場合、ネットで手続きすれば宅配で新品のスマホが送られてくるんです。

ドコモショップに行く必要無いので、時間の節約になりますよ。

<スポンサーリンク>

ドコモケータイ補償のネット手続き方法

ドコモケータイ補償サービス申し込みページ

ケータイ補償サービス申し込みの手続き方法、ちょっと分かりにくいんですが、「My docomoでのお手続き」から申し込めます。

Mydocomoページログイン

まずはMy docomoページへログイン。IDを発行したことが無い人は、「IDを発行する」のボタンがあるので、そこから発行してください。
既にID作ったけど忘れたーという人は、普通はドコモメールのアドレスがIDになっています。

ドコモケータイ補償ネット申し込み方法

あとはページの説明通りに申し込めばOK。
故障した理由で思い当たる事、故障状況なんかを記載する箇所がありますが、基本的にはありのままを書けばOKです。

防水じゃないスマホで水没させたらどうなる?

「防水じゃないのに水没させちゃった。これってケータイ補償サービスの適用になるの?」

と心配される方が多いようですが、全く問題ありません。ちゃんとサービス適用になって、新品のスマホが届きますよ。

XperiaでもiPhoneでも、iPadでもサービス対象になります。

ですので、故障した理由はありのままに書いてください。

平日の午前中に申し込めば次の日届く

ドコモケータイ補償サービス申し込みで届いた新品のスマホ

ネットで平日の午前中に申し込めば、基本的には次の日に新品のスマホが届きます。
めちゃくちゃありがたいですね。

ちなみの上の黄色い袋は、壊れたスマホを送り返す為のものです。

ドコモケータイ補償サービス返送用袋

この封筒に壊れたスマホを入れて封をしてポストに入れるだけ。簡単ですよねぇ。

注意!新品のスマホが届いてから10日以内に返送すること!

注意しなくてはいけないのは、新品のスマホが届いてから10日以内に黄色い封筒に入れて返送しなくてはいけません。

もし10日を過ぎると、違約金4万円がドコモの電話代に加算請求されます!!

新品のスマホにSIMを入れ替えよう

ドコモのSIM(UIM)カード

壊れたスマホからSIMカード【UIMカード)を取り出して、新品のスマホに入れましょう。
このカードには、ドコモと契約している電話番号の情報、データ通信の情報なんかが記録されています。

超大事なカードですので、壊れたスマホから必ず取り出して入れ替えるようにしましょう。
SDカードも入れ替え

あとはマイクロSDカードの入れ替えも忘れないでね。

ケータイ補償サービスでかかる料金

ケータイ補償サービスでかかる料金

ケータイ補償サービスを使った場合、タダじゃありません。

Android機種なら1回目は5,400円、2回目は8,100円~8,640円。
iPhoneやiPadなら、8,100円~11,880円かかります。
この金額の差は、月額プランによって変わります。

まぁほとんどの人はどこもポイントやdポイントが貯まっているでしょうから、ケータイ補償サービス申し込みの時に消費すれば良いと思います。

ポイントを使うかは、ケータイ補償サービスのネット申し込み画面で入力欄があります。私は今回、合計で2,800円で新品に交換となりました。
この費用は、毎月のドコモ電話&ネット代に加算請求されます。

ネットだけじゃなく電話からでもケータイ補償サービスは申し込める

ケータイ補償 お届けサービス/ケータイ補償サービス電話番号

「ネット申し込みは苦手だし、いろいろ確認したいこともある」という人は、電話からも申し込めます。
年中無休で午前9時から午後8時まで受け付けていますよ~。

ネット申し込み、電話申し込みなど、詳しく知りたい方は以下のページからどうぞ。

【関連ページ】ケータイ補償 お届けサービス/ケータイ補償サービスのページ

新品になったら、なぜか動作がサクサクになって最高です!!!XperiaZ3Compactは発売して2年経過しますけど、まだまだ使える良いスマホですね。
ディスプレイの保護フィルムは大事なので、こちらのご準備もお忘れなく!

Pocket
LINEで送る

<スポンサーリンク>

この記事もよく読まれています

このページの先頭へ