夜食べると絶対に太る!BMAL1たんぱくのメカニズム

BMAL1たんぱくダイエット
夜食は絶対に太ります!なぜなら、きっちり科学的に証明されているんですよ。

今日はそのメカニズムについてまとめてみました。

これを知っておけば無理なダイエットは必要ありませんよ!

<スポンサーリンク>

夜食を食べるとこうなる

BMAL1夜食
夜10時、なんか小腹が空いたな~と感じ、「お腹空いてると寝られないからね」と自分に言い訳をしつつ、ついついラーメンに手を伸ばしたマナ君。

「あー、満足した( ´ー`) さぁ、寝るか」とベットへ。

この時、体ではこんなことが起こっています。

BMAL1たんぱく君が目を覚ます

BMAL1たんぱく質夜食を食べ始めた10時頃、体にいるBMAL1(ビーマル1)たんぱく君が、「さー、今日も頑張るか!」と目覚め始めます。

実はこのBMAL1たんぱく君のお仕事は、体に残った過剰なエネルギーを脂肪に替えることです。

BMAL1たんぱく君の仕事は、夜10時から、午前2~4時頃まで続きます。この時間帯、仕事人は昼間の20倍もいるのです。

脂肪変換完了

 
BMAL1たんぱく君
「今日もお疲れー。今日は仕事はじめと同時に食べ物が大量に入ってきたから忙しかったね。でもたくさん脂肪が作れたよ∩(・∀・)」

夜10時から活発に仕事をはじめるBMAL1たんぱく君にとって、体に過剰エネルギーがあればあるほど脂肪を大量に作ります。しかし過剰エネルギーが無ければ、脂肪に作り替える仕事は特にありません。

普段は体内時計に関係し、生活リズムを整える仕事をしているのです。

夜食べると太る理由は、BMAL1たんぱく質が関係したメカニズムから起こっているのです。

BMAL1で太らない為にはこうすればOK!

BMAL1太らない為に
BMAL1たんぱく質が、夜中に体内の過剰エネルギーを脂肪に変換することが分かりました。

太らない体を保つために、以下のことに気を付けて生活しましょう。

夕食は夜8時まで

BMAL1は夜10時から活発になります。この時点で胃に食べ物が残っていなければ、寝ている間に脂肪に変換されにくいことが分かっています。

よって夜12時に寝る人であれば、夕食は8時までに済ますようにしましょう。この時間までに夕食が済ませない場合は、夕食は低カロリーのもので済ませて、朝しっかり食べるようにします。

ダイエットにも抜群の効果を発揮します。

早寝早起きをする

BMAL1の増減は太陽の光と関係があることが報告されています。日光を多く浴びることでBMAL1は減少すると考えられています。

よって、可能な限り早寝早起きをするようにしましょう。

哀川翔の著書「早起きは3億の徳」で、「夜は無いと思って生活すると良い」と言っています。人間も動物。朝日が昇ったら起きて、日が沈んだら寝る事が体にも心にも良いのです。

【幸呼来】さっこら

BMAL1朝食

夜食を食べると、朝起きてもお腹はあまり減ってないと感じます。体も頭も重く感じ、1日のスタートがのっそりしてしまいます。

ところが夕食を早めに済ませて夜食を食べないと、朝はお腹が空いてスッキリ目が覚めます。充実した朝ごはんを食べると、良い1日の始まりを感じることが出来ます。

食事のリズムで生活のリズムも変わるし、精神的にも変化が起こります。

Pocket
LINEで送る

<スポンサーリンク>
◆いいね!で更新情報のお知らせが届きます◆

このページの先頭へ