私の人生メモはクラウドに記録する時代になった

evernoteクラウドイメージ

私は生活の中で、「おっ!良いアイデアを思いついた!」「この話題をあの人に会ったら話そう」「これ、良い情報だから覚えておこう」と思う瞬間があります。ところが3日も経つと、その時は覚えていたつもりが、すっかり忘れてしまっている事があります。

忘れてしまうものは、経験・味・景色・動作等、広い範囲に及びます。自分の人生の中で、沢山の良い気付きや経験をしているのに、忘れてしまうなんて実にもったいない。

<スポンサーリンク>

あれ?私の人生ってどんなだっけ?

これと関連したことで、私の記憶に残っている文章を紹介します。

 
自分の人生を1枚74分のCDに声で記録してみたら、3枚に収まってしまった。

50年間必死に生きた私の人生は、たったのCD3枚分。
コツコツ記録していなきゃそんなもんだ。

引用:著者は忘れてしまいました。

人生50年間でCD3枚。私だったら2枚いくかどうかかな・・と思ったことを覚えています。

というか、著者を忘れてしまいました(笑)この文章が書いている本は家にあるはずなのに、どれに書いているのかすぐに探せない。「パッ!と思い出すことが出来たなら、この本を紹介出来るのに!もったいない!」と、悔しい思いをしています。

こういった「忘れても生活には支障無いことだけども、忘れるのはもったいない事」をメモに書き溜めていったらどうなるでしょう?

家族友人や職場の同僚に、自分の気付きの情報を共有出来る機会が多くなっていくはずです。自分が発信出来る情報も多くなります。自分の人生の深みと幅が広がっていきます。

情報の鮮度が良いうちにメモする

私は気付きがあった直後にメモをしないと、情報の鮮度が落ちると感じています。

例えば過去記事「目が冴える美味さ!うな重にバリエーションあるって知ってますか?」では、うなぎの白焼を初めて食べた感動を書いています。この記事は、食べた直後に書いたメモから文章を引っ張り出して書いています。食べたのは10日以上前です。今メモを見ると「よくこんなに細かく書いてるな~」と思います。

もし食べた直後にメモをしていなかったら、10日以上前のあやふやな記憶の中から情報を引っ張り出して記事を書いていたでしょう。私が感じた白焼きの感動は、文章では半分くらいしか伝えられなかったでしょうね。

私の脳は時間が経てば忘れ、情報を他人に100%に近い形で伝えることが出来ないようです。

私の人生メモ帳はevernote

evernoteイメージ

気付きを忘れない為の私の初めての人生メモ帳は、普通の手帳に書いていました。ですがこれが自分に全然合わない。

ただでさえ汚い字なのに、気付いた直後にメモを取るので、場所が不安定だから字がとんでもなく汚い。後で見返しても何を書いているか分からないという事態に。

写真はデジカメかスマホで撮るのですが、コメントを付けることも出来ないし、何より後からPCに転送する作業がとんでもなく面倒くさい。

そんな中、これを全て解決してくれる神様のようなツールに出会いました。それがevernoteです。

evernoteとは

evernoteクラウドイメージ
evernoteは、写真や動画・音声を利用出来る、クラウド型の無料で使えるメモ帳です。スマホにインストールしたevernoteにメモや写真・動画・音声を保存すると、PCにインストールしたevernoteと同期して閲覧出来ます。その逆も可能です。IDとパスワードさえ分かっていれば、どんな端末でもメモの内容が見れます。GメールやYahooメールの高機能メモ帳みたいなものです。

私のスマホのevernote

私のスマホevernote私のスマホのトップ画面です。すぐにメモ出来るようにevernoteアプリを置いています。

GooglPlayで検索すれば無料でダウンロードできます。

使用方法は直感的、何となくで十分使えます。

カメラアプリ、音声録音アプリもセットで入っています。

ちなみにskitchというアプリを入れておけば、アプリが自動連携して左の画像のように枠やかっこいい矢印・文字を簡単に入れることが出来ます。超オススメ。
 

ノート一覧

evernote私のスマホノートアプリを起動すると、ノート一覧が表示されます。私はカテゴリ分けして使用しています。

使用方法は人それぞれ無限大です。使い方で参考になるのは「goryugo.com」や、「OZPAの表4」がとても参考になります。

この方たちのevernote使用方法はとにかく凄いし素晴らしいです。

 
 
 
 
 

evernoteに書く作業

evernoteに書く!ノートを選択、または新規作成して、人生メモを書いていきます。

カメラボタンを押せば写真を挿入することも出来るし、過去に撮った写真を添付することもできます。

音声だけを録音したり、声で文章を書くことも出来ます。声を文章へ落とし込む認識性能は結構高いです。

書き終わったら左上のチェックマークを押せば、自動的にクラウドへ転送してくれます。
 
 
 
過去記事「正しい知識を得て自分の目で見る大切さ-みんなで考える多発性硬化症フォーラムより」で中田さんの講演内容をメモする時も大活躍しました。おかげで私でも読める綺麗な字で、講演内容を正確にメモ出来ました。

スマホやタブレットだとタッチ音が無いから出来ることですね。ノートPCだとキーボードを打つ音がうるさくなるから、講演等の場では使えません。
 

PCのevernote画面

PCのevernote画面

私のPCのevernote画面です。起動させて同期ボタンを押せば、スマホで書いたものがPCで表示されます。その逆も出来ます。私はこの幸呼来ブログ以外に3つのサイトを運営していることもあり、スマホevernoteで書いた人生メモを、PCのevernoteに同期させて、ネタを拾い上げてサイトの更新に落とし込むという使い方です。

ちなみにevernoteには検索機能があります。検索キーワードでノートの内容を検索できる為、情報が多くなっても探すのに苦労はしません。

【幸呼来】チョイワヤッセ

私はevernoteを使い始めてまだ2か月ですが、こんな感じでメモを取り続けていけば10年後は凄い情報量になっていそうです。

そして、書いたことって意外と忘れないんですよね。自分の良い気付きをブログ書いておけば、誰かの役に立てることが出来ます。その為には、普段のなにげない事から得られる気付きや体験をメモする”人生メモ”が大切です。

でも、記憶を引き出す脳の力が劣化しないものか、ちょっと心配しています。人間って便利さと引き換えに、持っている力を劣化させてないのかなと思うことがあります。

Pocket
LINEで送る

<スポンサーリンク>
◆いいね!で更新情報のお知らせが届きます◆

このページの先頭へ