岩手矢巾の「銀禅」で美味しい和食ランチを食べてみた

岩手矢巾銀禅

はい、久々にグルメネタです。

2014年9月から再オープンしたという岩手県矢巾町の「銀禅」でランチを食べてきました。

うん、ここの和食はレベルが高かったです。

※2015年2月9日、銀禅弁当(¥1,080円)を追記

<スポンサーリンク>

場所は駅・岩手医大の近く

岩手矢巾銀禅

岩手医大矢巾キャンパス・矢幅駅から車で5分くらい。ちょっと奥まった場所に銀禅さんがあります。食べログだと「閉店」って書かれてますが、ちゃんと営業しています。

こんなとこに和食店があったんですね。近くには他にも2店舗の和食店があります。

このお店、1度別のお店になったんですが、店舗を借りてた方が別にお店を出すことになり、オーナーが再び銀禅としてスタートしたそうです。

ランチメニュー

銀禅ランチメニュー

価格帯は高め。メニューがちょっとわかりにくいですが、レディースランチより↑の3つはデザート・コーヒー付。Mixグリルワンプレーとより↑の2つがコーヒー付です。

初訪問だったので、奮発して「銀禅御前 1,680円」をオーダー。

銀禅御前(1,680円)

ランチ銀禅御前

銀禅御前 1680円。

これに茶碗蒸しと、デザート・コーヒーが付きます。

お値段高めということあって、味のレベルは高い。お刺身は良い素材を出していますね。ホタテは甘くて美味しい。ご飯の炊き加減は、ちょっと柔らか目ですがふっくらしていて最高です。卵焼きも塩加減と出汁が絶妙で美味。

中央上の青い茶碗の中は、

銀禅御前煮物

煮物です。すっきりした味ですが、なぜかしっかり味わえます。高級料亭みたいな味でした。

銀禅御前天ぷら

天ぷらもサクサク。いろんなところでランチ食べてますが、サクサクしてないお店もあるんですよね。でも銀禅で出てきた天ぷらはきっちり仕事しています。良い天ぷらです。

茶碗蒸し

茶碗蒸し。表面にゼラチン質?のようなものが出来上がってますが、これが美味し。味のバランスが良い茶碗蒸しです。

銀禅デザート

デザートはコーヒーとゆずシャーベット。ゆずシャーベットは多分、銀禅のオリジナルでしょうね。ゆず皮が適度に入っていて、歯ごたえ面でも楽しめます。このシャーベットは美味かったですよ。また食べたくなる味。

コーヒーは薄めですが、食後にほっと一息つくには最適な濃さだと思いました。

銀禅弁当(1,080円)※2015年2月9日追記

その後何度か通っていたのですが、銀禅弁当も食べてみることにしました。

そしたら、これもクオリティ高い!

銀禅弁当1

銀禅弁当2

お刺身も付いてきますが、良いネタを使っています。美味い!他のメニューもしっかりしていますよ。おまけにデザートと珈琲まで・・・。

女性向けにレディースランチ(1,080円)もあるようですが、「和」を堪能したい場合は銀禅弁当のご飯少な目がオススメです。


帰りに「このメニュー、1,080円って安すぎませんか?」とお店の人に聞いたところ、

「お昼は利益度外視でご提供しておりますので・・・。あ、これランチ100円引き券です。」

おいおい・・・このクオリティと価格でさらに100円引きって大丈夫ですか?私は割引券は利用しない主義のため、興味ある方に差し上げました。(読んでますか~?頼むので食べに行ってみてくださいw)

「今日のランチはちょっと贅沢しようかな?」という方は、銀禅弁当を食べに行ってみてはいかがでしょうか。注文して15分ほどで料理が出てきますので、1時間の休憩時間があれば多分大丈夫でしょう。混み具合にもよりますが、平日であれば通常は混んでいません。

店の雰囲気

お店はほんと、清潔です。綺麗でシックな内部。ゆっくりランチを楽しみたい人には良いと思います。客層はシニアの方が多かったですね。

岩手医大は5年後に病院移転すれば、きっとドクターの方たちを中心に賑わうんじゃないかと思います。

初回ということで奮発しランチに1,680円も使ってしまいましたが、満足度はかなり高いです。これ、また食べたいので月に1回は来ようと思います。

銀禅弁当1,080円でもかなりクオリティと満足度は高いので、これでも十分かな~と思っています。これなら月2回は行く!

食べログ見ると、微妙なコメントが付いてて点数かなり低めですが、ま~~ったくそんなこと無いですよ。

そもそも、食べログなんて全くあてになりませんわな。何事も自分で行ってみて体験しないと分からないのだ。レビューサイトに惑わされるべからず。自分の世界が狭くなりますぞ。

銀禅

住所:〒028-3615 岩手県紫波郡矢巾町南矢幅第9地割198
TEL:019-697-1838
駐車場:有
ランチタイム:11:30~14:00
夜:17:00~24:00
定休日:聞くの忘れました。

Pocket
LINEで送る

<スポンサーリンク>

この記事もよく読まれています

このページの先頭へ