現代版にアレンジされた「かちかち山」がある

現代のかちかち山

僕が子供の頃は「日本昔ばなし」の本が家にたくさんあって、暇があればよく読んでいたものです。

その中でも、みなさんがご存じでしょう「かちかち山」には、じつは現代版があるのです。

かちかち山の原作あらすじ

ちょっと長いんですが、かちかち山の原作あらすじをおさらいします。

かちかち山原作
昔ある所に畑を耕して生活している老夫婦がいた。
老夫婦の畑には毎日、性悪なタヌキがやってきて畑を壊していた。業を煮やした翁(おきな)はやっとのことで罠でタヌキを捕まえる。

翁は、媼(おうな)に狸汁にするように言って畑仕事に向かった。タヌキは「もう悪さはしない、家事を手伝う」と言って媼を騙し、縄を解かせて自由になるとそのまま老婆を杵で撲殺し、その上で媼の肉を鍋に入れて煮込み、「婆汁」(ばばぁ汁)を作る。そしてタヌキは媼に化けると、帰ってきた翁にタヌキ汁と称して婆汁を食べさせ、それを見届けると嘲り笑って山に帰った。翁は追いかけたがタヌキに逃げられてしまった。

翁は近くの山に住む仲良しのウサギに相談する。「仇をとりたいが、自分には、かないそうもない」と。事の顛末を聞いたウサギはタヌキ成敗に出かけた。

まず、ウサギは金儲けを口実にタヌキを柴刈りに誘う。その帰り道、ウサギはタヌキの後ろを歩き、タヌキの背負った柴に火打ち石で火を付ける。火打ち道具の打ち合わさる「かちかち」という音を不思議に思ったタヌキがウサギに尋ねると、ウサギは「ここはかちかち山だから、かちかち鳥が鳴いている」と答え、結果、タヌキは背中にやけどを負うこととなった。

後日、ウサギはタヌキに良く効く薬だと称してトウガラシ入りの味噌を渡す。これを塗ったタヌキはさらなる痛みに散々苦しむこととなった。

タヌキのやけどが治ると、最後にウサギはタヌキの食い意地を利用して漁に誘い出した。ウサギは木の船と一回り大きな泥の船を用意し、思っていた通り欲張りなタヌキが「たくさん魚が乗せられる」と泥の船を選ぶと、自身は木の船に乗った。沖へ出てしばらく立つと泥の船は溶けて沈んでしまう。タヌキはウサギに助けを求めるが、逆にウサギに艪で沈められてしまう。

タヌキは溺れて死に、こうしてウサギは媼の仇を討った。

【参考リンク】wikipedia

まさに、僕が子供に読んだかちかち山ですねぇ。でも「婆汁」が出てきたから記憶が曖昧です。僕が子供に読んだ時には、あまりの残酷さゆえ既にアレンジされていたかもしれません。

現代版のかちかち山

そして現代版かちかち山のアレンジ部分が以下。

婆さんが殺される→ 婆さんは狸に殴られて怪我をする。

婆汁→ カット。 

狸が泥船で溺死→ ウサギに助けられ、狸は心を入れ替える。爺さん婆さんの元で手伝いをして暮らす。

時代が変われば、日本昔ばなしの話も変わるんですねぇ。たしかに原作を子供に読ませるのは残酷です。日本国憲法の第9条「平和主義」にも合ってないですし。

日本昔ばなしはメッセージ性が強く込められていますが、かちかち山の原作は「目には目を」の復讐色が強く出ています。悪い事をした者は、成敗してしまえば解決するという終わり方です。

本当は「悪い事しちゃいけないんだよ」というメッセージを伝えたかったのかもしれません。

みなさんは、自分の子供にどっちを話しますか?僕は変化の経緯も含めて、両方のバージョンを話します。その方が、物事を多角的に見て考えられるようになるのかなぁと。

Pocket
LINEで送る

<スポンサーリンク>

この記事もよく読まれています

このページの先頭へ