「家族サービス」という言葉に疑問

「家族サービス」という言葉に疑問

「今日は家族サービスだ」と発言する父親を見かけることがありますが、この言葉には昔から疑問を感じています。

なぜなら、自分の家族に対して「サービスをする」という考え自体、ちょっとおかしいんじゃないかと思ってしまうのです。

<スポンサーリンク>

気持ちが家族外のところにあるのでは?

家族サービスという言葉

「サービス」という言葉をその人がどう考えているかにもよると思いますが、私が「サービス」という言葉から連想するのは「自分の本意ではないのにやってあげている」「満足を提供する」という意味です。

家族のことであれば、サービス云々の問題じゃないと思うんですがね。ですので、私は「家族サービス」という言葉を使っている父親に対して、自分の気持ちは家族以外のところにあって、家族には仕事のように事務的な気持ちで接しているのでは?と思ってしまいます。

私が父親になったら、この言葉は絶対に使いません。家族=自分だと思っているし、そこに「サービスする」という概念が私の中には存在していないからです。


よく考えると、母親で「今日は家族サービスする日だ」と言っている人を見かけたことがありません。

これは、「子育て=母親」というイメージが当然のようになっている日本の風習によるものや、「自分の子が可愛くて仕方ない」という気持ちから来ているものかと思います。母親にとって家族には「サービスする」という概念が無いのかもしれませんね。

Pocket
LINEで送る

<スポンサーリンク>

この記事もよく読まれています

このページの先頭へ