お坊さんの婚活事情と結婚事情

お坊さん婚活

祖母の法事後の食事会で、27歳の若いお坊さんとゆっくり話す機会がありました。

「お坊さんの婚活は大変なんですよ~」という話題が出てきたので、突っ込んで詳しく聞いてみたのですが・・・

お坊さん、大変です。

当然出会いは無い

マナ
そういえばお坊さんって、どうやって結婚するんですか?
仕事中にナンパするわけにもいかないでしょうし。
生活の中に出会いが無さそうって思うんですよ。


お坊さん
仕事中にナンパは絶対無理(笑)

でも仕事の連絡を取り合ってるうちに、自然な流れで付き合うってことはあるみたいですよ。

でもこういうのは稀ですね。
最近は、殆どのお坊さんが婚活パーティーに参加してます。


マナ
婚活パーティですか。
出会いが無ければ仕方ないですしね。


お坊さん
今はオフィシャルで出会いの場が多いので、大分ましになりましたよ。

婚活パーティが無い時代は、独身のお坊さんが沢山いましたし。
ですが、今でも独身のお坊さんが多いんです。
この業界の問題になっているんですよね。
とにかく出会いが無い。

あ、私も婚活パーティに行って、最近7歳年上の人と結婚しました。

合掌。


マナ
合掌。

嫁いでも一生安泰ではない

マナ
今お坊さんがモテるってネットで流れてますよ。
お坊さんと結婚したら、お嫁さんは一生安泰ですよね。

僕が女だったらお坊さんとの結婚も有りだなぁ。


お坊さん
それがそうでもないんです。

私達は本家から地方のお寺に派遣されて来ているんですよ。
3代までそのお寺にいることは出来るんですが、後継ぎが生まれなかったり、子供が跡を継がない場合は、寺から追い出されてしまうんです。


マナ
追い出されるんですか?
お寺にいちゃダメなんですね。


お坊さん
私達は、檀家さんからのお布施で生活していますからね。

一番問題なのは、結婚して子供がまだ成人してないのに、お坊さんである夫が先に亡くなってしまうことです。

この場合、新しい住職が本部から派遣されてきます。
今まで住んでたお嫁さんと子供は寺から出ていかなくちゃいけない。

生活道具はお布施で買ったものだから、全部置いて出ていかなくちゃいけないんです。


マナ
身ぐるみはがされるって感じなんですね。
絶対死ねないじゃないですね。


お坊さん
ホント、絶対死ねません(笑)
妻と子供を守る為には、私が先に死んではいけないんですよ。
でも、結婚してから12kg太りました。

うちの奥さん、よく食べる人で。釣られて食べてしまうんですよね。
やばいと思いつつ、止められないんです。


マナ
うちの妻に相談した方いいですよ。
メタボは専門分野ですからw

合掌。

継がない人が増えている?

マナ
子供が出来たら、必ずこのお寺の住職を継ぐことになるんですか?


お坊さん
それがそうでもないんです。

お休みは週に1回しかない、旅行にも行けない、お盆や正月は忙しい生活を一生しなければいけません。
住職の生活は、ちょっとの刺激すらありませんから。

昔と違って、今はネットが普及していろんな情報入ってくるじゃないですか。
子供はいろんな世界を見ることが出来るんです。

いろんな未来がある子供が、沢山ある選択肢の中から住職を選ぶとは思えないんですよね。

私には兄がいますが、最初は兄も私も継ぐ気は無かったんです。

本当は海外で生活して、バリバリ働きたかったんですよ。


マナ
今の生活とは真逆ですね。

どうしてお坊さんの道を選んだんですか?


お坊さん
日々に感謝しながら生きるのも良いかなと思ったんですよ。
この道を選んだ後もいろいろと悩みましたが、今は妻もいるので生活が楽しくなりました。

もうすぐ子供が生まれるんですが、継ぐのかなぁ・・。
妻は継いでほしいと思ってるみたいですが、今の世の中だと難しいでしょうね。

私としては、子供には自分の好きな道を歩んで欲しいと思っています。
継がない場合は、私が死ぬまで頑張りますけどね。

合掌。

マナ
合掌。

【幸呼来】楽な道は無いんだなぁと

お坊さんの婚活と結婚2
正直言うと「お坊さんになればお布施で暮らしていけるのかぁ。案外ウハウハじゃないのかな?」と思ってました。

でも今回お話を聞いて思ったのが、お坊さんの世界は全然ラクじゃない。普通に休みがあって、たまに旅行に行ったり軽くお出かけ出来ることは幸せなんだなぁと。

楽だと思っていたら、楽じゃなかった。こういうこと、よくありますよね。

Pocket
LINEで送る

<スポンサーリンク>
◆いいね!で更新情報のお知らせが届きます◆

このページの先頭へ