若返りたいなら足を鍛えて運動しろ!

若返る方法

「神龍、私を若返らせてくれぇ!」

という願いが叶うのはドラゴンボールの世界だけです。現実は自分で努力するしかありません。

そう、若返りたいなら足を鍛えて運動すりゃいいんです。

<スポンサーリンク>

運動している人は若い

若返る方法1

アラサー・アラフォーでジムに通って運動している人やスポーツしている人を見ると、見た目が若い人が多いです。シャキっとしてますしね。イチローも今年40歳ですが、まだまだ見た目も肉体も若い。

さらに、新脳内革命の著書、医師の春山茂雄さんも凄い。

この見た目で71歳。体内年齢は28歳。40代に見えますね。

これら見た目が若い人に共通している事は、「日常的に運動している」ことなのです。

老化は細胞数の減少

若返る方法2

では老化とは何か?を知っておきましょう。

老化現象で見た目にも分かりやすいのは「肌のシワ」。なぜ歳を取るとシワが増えていくのか。

それは、皮膚には繊維芽細胞というものがあって、その細胞がコラーゲンを作り出して肌にハリを出してくれています。

ところが歳をとるとこの細胞数がどんどん減少していき、肌にハリを出す為のコラーゲンの生産が減少していきます。結果としてシワが増えていきます。

だから美容外科だとコラーゲン処方したり、注射したりといろいろ行うわけです。とはいえ、原因となっている「細胞数の減少」が改善されるわけじゃないので、美容液等の効果は一時的だし実はほとんど肌に吸収されていません。

本当にハリを出したいなら、繊維芽細胞を増やさなければいけないのです。

じゃぁ細胞数増やせばいいじゃない

って思いますよね、その通り。単純に身体の細胞数を増やせば老化が防げるんです。そして細胞を増やす為には、「あるホルモン」が必要です。赤ちゃんから20歳くらいまで活発に産生されていたホルモン、それが

成長ホルモンです。

歳と共に成長ホルモンは減少

成長ホルモンの減少

とはいえ、成長ホルモンは加齢と共に減少していきます。30歳になる頃の成長ホルモン分泌量は、10歳時の半分以下というデータが出ています。

歳とると疲れが抜けないとか治りが遅いとかいろいろありますが、これは細胞分裂に必要な成長ホルモンが少ないためです。

歳を取っても成長ホルモンを分泌させる方法は無いのでしょうか?
・・・それがあるんです。

足を鍛えろ!

若返りホルモンマイオカイン

歳を取ってからでも成長ホルモンをバンバン出す方法、それが足の筋トレ継続的な運動です。

足筋肉からは、若返り成長ホルモンと言われている”マイオカイン”が分泌されていることが分かりました。

マイオカインは、脂肪の分解、糖尿病の予防、動脈硬化の防止、血圧の安定などに作用するほか、認知症やがんにも効果があることが分かっています。さらには、肌の若返りにも効果があるとの研究結果が出ています。

【参考リンク】定期的な運動はお肌の若返りに効果大との研究結果

マイオカインの分泌条件

ただし注意しなければいけないのは、マイオカインの分泌には以下の条件が必要なことです。

【マイオカイン分泌条件】

  • 新しく出来てから4か月以内の足筋肉から分泌される。
  • 運動中しか分泌されない。(無酸素運動は10~20分後、有酸素は60分後)
  • 上半身の筋肉からは分泌されない。

つまり、「俺、昔は陸上やってたんだ」というセリフは、アンチエイジングにとって4か月もすれば無意味というわけだ。そして新しい筋肉が出来上がっていても、運動をしなければマイオカインは分泌されない。

結局若返りたいのあれば、まず足を鍛える。加えて、週に何回かの運動をする必要があるということですね。

多くの女性を見ていると、美容製品買い込んで外側から何とかしようとしている人が多いな~と思います。お金さえ出せば簡単に手に入る美容だからかと思いますが、しょせん表面的なものだし一時的。

ほんとうに若返るには、運動習慣を付けて内側からも若返る努力を行う必要があります。

加圧トレーニングも効果があるらしい

加圧トレーニングの若返り効果

ここからは余談。

数年前から流行した加圧トレーニングも、成長ホルモンの分泌を大量に促す効果があるそうです。これはマイオカインとは別で、加圧する事で脳に「めちゃめちゃ激しいトレーニングをしている」と騙して、成長ホルモンを通常の運動より200倍以上出させています。

私も加圧トレーニングをやっていますが、正直そこまで大きな効果は感じていません。むしろジムトレーニングのレッスンプログラムでBody Pumpやってる方が筋肉量増加と身体の回復力促進力アップが高いと感じています。

何はともあれ、人間も動物なんだから、体を動かさないと早く老化しますよっ!

Pocket
LINEで送る

<スポンサーリンク>

この記事もよく読まれています

このページの先頭へ