幸せにつながる行動を自発的に取る方法

幸せになる方法

誰しも「人生幸せに豊かに生きたい」と思っているはずですよね。

幸せに豊かに生きるには、心が充実して満たされていなければいけません。今日はその方法の1つをご紹介します。

<スポンサーリンク>

人生をより豊かにするには、新しく規則的な習慣を始めると良い

習慣形成と意志の力にについての研究が10年間活発に行われてきました。

研究で得られた結論は「人生をより豊かにするには、新しく規則的な習慣を始めると良い」というものだったそうです。

意志力を高める研究

「筋肉トレーニングで筋肉が鍛えられるように、意志の力もトレーニングで強化できるか?」に着目して研究が行われました。

被験者グループに2か月間、ジムに週3回通ってもらい、筋トレとエアロビクスを行ってもらいました。すると2か月後には、意志力テストの結果がアップしました

さらに被験者は幸福感につながる行動を自発的に取るようになりました。

  • 喫煙や飲酒、カフェイン摂取が減った。
  • ジャンクフードの量が減り、食事に気を付けるようになった。
  • 衝動買い・怠ける・約束忘れ、怒ることが減った。
  • ストレスが溜まらなくなった。

ジムトレーニングだけでなく、瞑想、家計簿、朝起きてのベッドメイキングなど、「良い」習慣を新しく身に付けることでも同様の結果が得られました。

新しい習慣を身に付けることで意志の力が強まり、健康や交際など、生活の多くの面で自然に良い行動ができるようになるようです。

参考リンク:Lifehacker 「意志の力」を鍛えるには習慣づくりが効果的、という研究結果

 自分の妻で実験してみた

筋トレする女性

1年前からやっていたことが丁度元ネタと当てはまったのでその経過をご紹介します。

前から「運動して体力付けたい」と言っていた妻をジムに誘って、定期的な運動を促してみました。週に1回ジムに行き、その他自宅で週に1~2回筋トレをしてもらいました。

運動して1か月は「うー、しんどい」「仕事が辛い~」「面倒くさい~」とぼやいてばかりでした。

運動習慣開始3か月後

ところが3か月後あたりから、私が運動を促さなくても自発的に運動するようになりました。体力に自信が付いてきて、体調が良くなってきたことに楽しみを覚えたからだそうです。

その後は自宅で15分程度の空き時間があれば、週2回と言わず週3~4回筋トレをするまでになりました。

 

妻:「コツコツやるのって大事なんだね」

なんという前向きでプラスな発言!!!
お前、以前は「私はやる時はやるんだから」って言ってばっかで行動に移さなかっただろう(笑)グチられながらも無理やり筋トレやらせて良かった(涙)

さらにその後、あまり家事をしなかった妻が、ちょっとの時間があれば積極的に家事をするようにもなりました。

 

妻:「ちょっとの時間でも出来る事はあるからね」

もう感無量。余は満足じゃ。

運動する前の妻は、仕事でクタクタになって帰ってくると「ソファーにバタッ」なパターンでした。しかし運動習慣が身に付いてからは、帰ってきてからも出来る範囲で筋トレや家事をしたり等、前向きな行動を以前より多くするようになりました。

幸せを呼び込むために

新しい習慣を生活に取り入れることは、始めは面倒に感じることがあると思います。しかしそれに耐えて継続すれば、意志の力は確実に強くなり、生活をより豊かで幸せなものに変化させることが出来ます。

大きいことを最初からやる必要はありません。科学者の実験結果でも、新しい「良い」習慣であれば、ちょっとしたことでも意志力強化の効果があるそうです。ちょっとしたことが積み重なっていき、いつしか大きなプラスとなって成果に表れてきます。

皆さんも新しい習慣、始めてみませんか?

Pocket
LINEで送る

<スポンサーリンク>
◆いいね!で更新情報のお知らせが届きます◆

このページの先頭へ