プロフィール

幸呼来マナ
当ブログ【幸呼来(さっこら)】を見て頂きありがとうございます。
作者のマナ(たかはしまなぶ)です。

秋田県横手市十文字町育ち、現在は岩手県盛岡市に住んでいます。

ちなみに秋田県は綺麗な鳥海山が有名なところで、
鳥海山

岩手県は台形型で雄大な岩手山が有名です。

マナプロフィール

盛岡は盛岡三大麺である「冷麺、じゃじゃ麺、わんこそば」や、盛岡さんさ踊りも有名です。

経歴

幼少時代~高校時代

幼少期は灯油も買えないほど貧乏な家庭で過ごす。
そこから高校までは、特に目標を持たない生き方だった。

大学時代

秋田大学教育学部に入学。親のリミッターが解けて、ひたすら遊びまくる。この頃からバンドとオーケストラにハマる。

途中1年間休学して、音楽漬けの毎日を過ごす。授業料や生活費など、親には一切頼らずに自活してました。

社会人時代

一応、安定した上場企業に営業として入社。超絶厳しい上司の下で8年間耐える。その後5年間はひたすら営業でバリバリ働きまくる。バンドは止めてオーケストラでの活動がメインになる。

29歳の時に重い胸郭出口症候群にかかり、7年間苦しむ。現在は克服。このあたりから、今後の生き方を考えるようになる。

事業開始

会社に頼った生き方に疑問を感じたこと、自分の力で生きるスキルを身に付けたいと思い事業を始める。3年で軌道に乗ってきた為、2015年4月末に勤めている会社は退職。

今後はどんどん国も会社も当てにできなくなるため、自分の力で自衛する生き方をすることに決めました。

現在のテーマ:「幸せに楽しく豊かに生きるには」

事業を始めてそこそこのお金を稼げるようになるにつれ、さいきんは自分の幸福度が下がり続けていると感じています。
お金の量と幸福度はまったく比例しないのだと思いました。結局、どんな状況であれ楽しく幸せに生きられた人が素晴らしい。

よって人間が生きる目的は「心豊かになり、楽しく幸せを感じられること」なんじゃないかと思い始めています。

今はこの生き方を探す人生の旅を継続中。「豊かに楽しく幸せに生きるには?」。このブログのテーマにもなっています。

幸呼来(さっこら)の意味

このブログタイトル「幸呼来(さっこら)」は、盛岡さんさ踊りの掛け声である『さっこら~ちょいわやっせ』から取ったものです。

「幸呼来」には2種類の考え方をしている人に分かれると思っています。

1つは、「幸せは呼べばやって来る」と思っている人。
もう1つは、「幸せを呼んで来る」と思っている人。

「幸せは呼べばやって来る」と思っている人は受け身な人です。自分が思っているような幸せはやって来ません。しかし、「幸せを呼んで来る」と思っている人は、自発的な行動が起こせる人ですので、本当に幸せを呼べると思います。

このブログは、「幸せを呼んで来る」という自発的な思いも抱きながら書いております。

当ブログで話題にしている主な内容

当ブログのテーマは「豊かに楽しく生きるには?」を探す旅です。話題ジャンルは特に限定していませんが、基本的には自分の興味がある事にテーマを添えながら自由に書いています。

具体的には以下。

  • 盛岡さんさ踊り(三方良しの素晴らしい文化)
  • 音楽(国境が無い素晴らしいもの)
  • ビジネス(ある程度のお金は必要)
  • ライフハック(豊かな生活の為に)
  • 医療・健康(自分の健康管理不備での寝たきりは罪)
  • 読書(いろんな人の考え方を学べる素晴らしいツール)
  • インターネット(主にスマホ・中毒・依存がテーマ)
  • ソーシャルメディア(自分が活用しきれてないから)
  • グルメ(美味しい食事は心豊かにするから)
  • 震災復興(まだまだ復興は続きます)

これに加えて、ブログで岩手県の活性化にも役立つべくイベントの様子等を発信しています。

さんさ踊りの活動内容

特に盛岡さんさ踊りにはどっぷりハマっています。現在は「さんさ好み」に所属しています。
さんさ好みはこんなところ

2012年

さんさ踊りを始めたきっかけは清流会を見たことです。カッコイイ。
最初は清流会に入ろうと思ってた

2014年

2014年は、初代さんさ男子に選ばれました。
わたくし、2014年盛岡さんさ男子になりました

5月から11月まで不定期で、盛岡繋温泉ホテル紫苑で演舞しています。2013年は仙台青葉祭りでもさんさ踊り披露しました。他にもいさわ水の郷祭り、雫石プリンスホテル、などなど、さんさ好みでいろんな場所に出没しています。

2014年は臼澤みさき「さんさ里唄」にてバックダンサーで出演。

2015年

2015年、株式会社ウェブライダーの大人気コンテンツ「沈黙のWebマーケティング」の書籍発売でのイラスト制作企画に当選し、イラストレーター上野高史さんに自身のさんさ姿のイラストを描いて頂きました。

さんさ踊りイラスト

【イラスト作者:上野高史】

制作の経緯や流れは、以下の記事でお読み頂けます↓
沈黙Webの上野高史さんに盛岡さんさ踊りイラストを書いて頂きました

また、私が活動している団体「さんさ好み」の公式サイトを作って2015年4月から運営しています。
このサイトにはウェブマーケティングを用いた盛岡さんさ踊りを広める媒体としていろいろな実験もしていきます。

さんさ好み公式サイト
【関連記事】
盛岡さんさ踊りだってマーケティング視点を持って変化できなきゃ時代の流れで消えていく
さんさ好み公式サイト制作の現場から。人と感情が存在するサイトにしたかった

さんさ踊り派遣の依頼について

さんさ好みによるさんさ踊り派遣も行っています。

実績としては、結婚式・県や市のイベント・観光ホテル・忘年会・新年会など。県内県外問わずに出向いてさんさ踊りを披露しています。

さんさ踊り派遣のご依頼はこちらの問い合わせフォームからお願い致します。

オーケストラプレイヤー

音楽も好きです。ちょっと前までは年に10本ほど東北~北海道にかけてあちこちのオーケストラに出没してバイオリンを弾いていました。

最近はビジネスとさんさ踊りが楽しくなってオーケストラの活動の時間はめっきり減ってきていますが、2015年4月に勤めている会社を辞めて独立するため、音楽活動も復活する予定。

ビジネス

主にウェブコンテンツを用いたスモールビジネスを個人事業で展開中。ちょっとしたWEB制作、HTML、CSS、SNS、SEO、アフィリエイトの知識があります。

特にウェブ集客・ブログ集客・コンテンツマーケティングについて特に興味があり、日々いろいろと実験をしています。

私が一番力を入れて取り組んでいるのは、「言葉でいかに成約させるか」「言葉でいかに人を動かすか」のスキルです。コピーライティング、導線、見せ方、コンテキストなどを研究しながら仕事しています。

感想やレビュー記事作成・宣伝記事・広告掲載の依頼について

飲食店・イベント・商品についての宣伝・感想やレビューの記事作成を依頼頂ければ、当ブログでご紹介させて頂きます。料金などは頂いておりません。2015年1月現在、当ブログの月間訪問者数は、約15万人・23万PVです。岩手県内の訪問者は月間4000人ほどであり、日々少しずつ伸びています。書き方により集客効果・宣伝に繋がります。

感想やレビュー記事作成では、検索キーワード分析・集客できやすいキーワードを依頼者様と相談しながら記事作成を行うスタンスを取っています。ただし、私のポリシーとして嘘は書きません。良いと思うもの、悪いと思うものも全て正直に書きます。サービスや腕に自信がある方のみ、以上を了承したうえでご依頼ください。

感想・レビュー記事実績(お店からの依頼ではなく、自主的に書いた記事です)

・キーワード「盛岡市 海鮮料理」でグーグル・Yahoo検索6位
盛岡来たらぜひ行って欲しい海鮮料理「浜や」

・キーワード「盛岡 牛タン」でグーグル・Yahoo検索5位
盛岡で牛タン食べるなら『とち』

このほか、お蕎麦屋さん、ラーメン屋さんなど、検索上位表示されているものがいくつもあります。

広告掲載について

また、当ブログでは広告掲載も承っております。料金は要相談で、掲載箇所・期間・大きさによって変わります。まだそれほど多いPVでも無いので格安でやっています。

記事作成・広告掲載のご依頼はこちらの問い合わせフォームからお願い致します。

基本は毎日更新してます

盛岡さんさ踊りイラスト
【イラスト提供Thanks!:うまうまさん&上野高史さん】

当ブログは2013年6月6日からスタートし、ほぼ毎日更新し続けております。

目的は、自分メディアを持つこと、岩手とさんさ踊りを多くの人に知って頂くことです。私のブログ活動で、少しでも岩手が活性化したいと思い運営しております。

おかげさまで、2015年2月現在は、月間訪問者数13万人を突破。月に23万PVほどのブログです。

なるべく充実したコンテンツをお届けしたいと思っております。ツイッター・フェイスブックで更新情報を発信しています。イイネやフォローして頂ければ幸いです。

友達申請も歓迎しております。スパムでない限りはどなたでも承認しています。どうぞ宜しくお願い致します。

Facebookアカウント https://www.facebook.com/orange.tsh









管理人マナ on
Google+

ご意見・お問い合わせについて

ご意見・お問い合わせなどはこちらの問い合わせフォームからお願い致します。ブログの感想なども頂ければ嬉しいです。

マナへのお問い合わせ

 

Pocket
LINEで送る

このページの先頭へ