「世界の情勢」の記事一覧(2 / 2ページ)

殺人ロボット兵器が登場する未来はもう目前

殺人ロボット兵器の未来

TEDの演者ダニエル・スアレースのプレゼン「ダニエル・スアレース: 人殺しの決定をロボットに任せてはいけない」を見て、世界の行く末が怖くなってしまいました。

殺人ロボット兵器が世に誕生する未来は、もう目の前にきているようです。

ターミネーターが現実のものになるかもしれませんねぇ。

フランスには国民性を一括りにした「国籍別」接客マニュアルがあるらしい

国民性を一括り

パリの観光局と商工会議所が、「国籍別」接客マニュアルを作って配布していたようです。パリのウエイターは無愛想で、ホテル従業員はがさつなどとする外国の不評の解消を狙った措置だそうで。

日本人は、「時々安心させる必要があるほか、決して不満を口にせず、ひんぱんにおじぎする」と描かれています。

近い将来、自動運転車が登場するぞ。世界はどう変わるか?

自動運転車1

日産が2020年までに「自動運転車」の発売計画を発表しました。

ドライバーが運転しなくても、標識や路面状況を読み取って走るのです。

映画・マイノリティレポートなどの近未来を描いた映画でも、自動運転車が登場します。人間が思い描く未来のほとんどは現実化されるのです。

ベロタクシー?いいじゃない にんげんだもの

ベロタクシー

ベロタクシーをご存じでしょうか?

地球の未来を考えた、今注目されている環境に超やさしいタクシーです。

遺伝子組み換え作物戦略の図式が分かってきたのでまとめてみた。

遺伝子組み換え作物

日本のTPP加入により、食の安全が脅かされると言われています。その中心になっているのが、遺伝子組み換え作物です。

なぜ遺伝子組み換え作物で食の安全が脅かされるのか?その怖い実態と戦略が分かってきたので、簡単にまとめてみました。

うなぎは絶滅寸前危惧種だった。第3のうなぎがやってくるが・・・

おひつまぶし

うなぎ屋・善で食べた記事を書いてから、土用の丑の日を待たずに、鰻屋・善におひつまぶしを食べに行きました。すんごく美味しかったんですが、今日は手放しで感動してはいられない事実を知ってしまいました。

日本のうなぎは既に詰んでいて、息を引き取る状態だったようです。

このページの先頭へ