「読書感想文」の記事一覧

不登校は1日3分の働きかけで99%解決する

20160709018

友人のお子さんが不登校で悩んでいるというので、プレゼントするためにアマゾンでも評価がめちゃくちゃ高かった「不登校は1日3分の働きかけで99%解決する 著:森田直樹」を購入してみました。 結論から言うと、凄く良い本でした。・・・

普通の人が老後まで安心して暮らすためのお金の話

普通の人が老後まで安心して暮らすためのお金の話

佐藤治彦さんの著書「普通の人が老後まで安心して暮らすためのお金の話」がなかなか面白い考察と意見だったのでご紹介。 年収300万~700万で老後資金3000万貯める。貯めてもいいけど大事なものを失ってないませんか? 定年退・・・

サラリーマンは自分株式会社を作れば儲かる

サラリーマンは自分株式会社を作れば儲かる

知人から「サラリーマンこそ自分株式会社をつくりなさい」(著:吉川英一)を頂いたので、早速読ませて頂きました。 著者の方はサラリーマン時代に副業で不動産ビジネスを始めて、48歳で退職、独立起業した人です。 ストック型ビジネ・・・

ウィンドウズPCで電子書籍が読める!「Kindle for PC」が便利だよ

ウィンドウズで電子書籍Kindle for PC

やっとウィンドウズPCで、キンドル電子書籍が”普通に”読めるようになりました! その名も「Kindle for PC」 今まではキンドルクラウドリーダーやBlueStacksを使えば、ウィンドウズPCでも何とか読むことは・・・

はあちゅう著の「半径5メートルの野望」を読んでみた

はあちゅう半径5mの野望

ネット界ではちょっと話題の、はあちゅう(伊藤春香)著の「半径5メートルの野望」を読んでみた。 正直言うと、今の自分にとっては全く面白いと思わない内容だった。しかし、自分が20代前半にこの本があったら面白いと思っただろう。

「成功」って言葉の使い方でおかしいと思う時がある

成功とは

世に言われる「成功した人」というのは、いったいどんな人なんでしょう?

私はこの数年間、「成功」という言葉に疑問を持っていました。

人は何をもって「成功」と考えるのでしょう。

「人間なんてどうせバカ」だから、自分のありのまま書けばいい

武器としての書く技術イケダハヤト

イケダハヤトさんの「武器としての書く技術~30万人に届けて月50万円稼ぐ!新しい文章術」を読みました。

「文章が思うように書けない」と思っていた私の気持ちが救われた本です。

自分にとってどうでもいい事実は他人にとっては違う

ささいなことで人間関係が悪くなったり、ちょっとした一言で他人を傷付けてしまうことがあります。

僕もこのせいで、どれだけの数の人間関係が悪くなったことか。

加藤諦三さんの著書「自分に気づく心理学」にその答えが書いてありましたのでご紹介します。

あと10年しか生きられないとしたら

ちきりん「未来の働き方を考えよう」感想

あと10年しか生きられないとしたら、どう生きよう?

昨日まで想像もしてなかったことなんです。ちきりん著「未来の働き方を考えよう」を読んで、自分だったらどうするんだろと思ったと同時に焦りも感じました。

ライフログとして感じたことを書き残しておくことにします。

不自由だと思っていたけど本当は自由だった~堀江貴文さんの「ゼロ」を読んで~

堀江貴文ゼロ感想

前回のエントリー「ノマド」という一見自由な生き方を求めたら逆に不自由になったでは、スモールビジネスを始めたら思考がビジネス目線ばっかりになったうえに、趣味の時間が取れなくなって逆に不自由になったと書いたわけですが。

そんな中、堀江貴文さんが刑期を終えて出所してからの初著書「ゼロ」を読みました。

僕の今の生活は不自由ではなく、自由だったのです。

バランスを取ることで仕事も家庭も長く成長できる

成功者の告白

8月27日で36歳になりました。30歳までは勢いと気合だけでやれると思っていた思考に、段々限界を感じるようになってきました。

最近分かってきたのは、「何事もバランスを取らないと崩壊してしまい、続けることが出来なくなる」ということです。

神田昌典著「5年間の起業ノウハウを3時間で学べる物語~成功者の告白~」を読んで、バランスを取ることも大切さを再確認しました。

このページの先頭へ